棚橋弘至が首負傷?「古傷やっちゃって」、ジュース・ロビンソン「歯が立たなかった」【新日本プロレス・2020.9.20】

新日本プロレス・2020年9月20日・G1クライマックス30・2日目・Bブロック開幕戦・大阪府立体育会館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.9.20・G1クライマックス30・2日目・Bブロック開幕戦・大阪【オープニングVTR】

ジュース・ロビンソン

新型コロナウイルスによる中断期間&右足負傷により、今年2月を最後に実践から遠ざかっていたジュース・ロビンソン選手。

昨夜のG1公式戦は約7カ月ぶりの試合となりましたが、ブランクを感じさせないエネルギッシュな闘いぶりで見事に勝利を収めました。

次の相手はKENTAか。KENTAサン……遠い昔、はるかかなたの銀河系で…(※映画『スターウォーズ』の名文句を引用して)ジュース・ロビンソンとKENTAになる前の2人の男がいた。その時の俺はKENTAに全く歯が立たなかった。でも、時間を経てどうなったか見てみようじゃないか。札幌での一戦が終わるころには、俺の勝ち点は4ポイントになってる。

次の公式戦(24日・北海道)の対戦相手はWWE・NXT時代の同僚であるKENTA選手。

当時NXTで伸び悩んでいたジュース・ロビンソン(元:CJパーカー)選手は、KENTA(元:イタミ・ヒデオ)選手に全く歯が立たなかったとのこと。

ちなみにシングルマッチの戦績はKENTA選手が5戦5勝と圧勝。

もしジュース・ロビンソン選手が勝利すればもちろんシングル初勝利となります。

さらにKENTA選手はUSヘビー級王座挑戦権利証を保持しているので、今後の展開次第ではイッテンゴで敗れたジョン・モクスリー選手へのリベンジの道も開けてくる。

KENTA選手、そしてジョン・モクスリー選手へのリベンジのためにも、ジュース・ロビンソン選手にとって絶対に負けられない一戦となりそうです。

棚橋弘至

2冠王者・内藤哲也選手とのBブロック開幕戦に惜しくも敗れた棚橋弘至選手。

徹底した膝攻めで2冠王者を追い詰めるなど、今後の公式戦にも大いに期待できる素晴らしい試合内容でした。

しかし、その代償は大ききかったようで、5年前の古傷を再発してしまいました。

-敗れはしましたけど、30分近く闘えたことは収穫だったんじゃないですか?
棚橋「ああ。また古傷やっちゃって。スイングDDTで。下半身に電気が走った。治れ、治れ、治れ……(と思いながら試合を続けてた)。これが『G1』だね。大丈夫。2015年かな、初戦の飯伏戦でも、首ケガしてるから。(※笑顔を見せながら)縁起がいいじゃん。強がり言っときます!(※控室に歩を進めながら)ああ、クソッ……

2014年にバッドラックフォールで負傷して、2015年に槍投げで再発した首の古傷が、昨夜のスイングDDTでマットに突き刺さった際にまたしても再発した模様。

棚橋は昨年の公式戦でファレのバッドラックフォールに沈んで首を負傷。その古傷が今年の開幕戦で飯伏幸太(33)の槍投げを浴びた際に再発した。満身創痍で戦ってきたが、因縁の相手に痛恨の連敗を喫してしまった。
Bブロックでは同じく優勝候補の中邑が左ヒジ負傷で途中欠場中。棚橋にとっても人ごとではない。この日の試合前には「首は痛いですよ。頭皮の右半分までしびれてい」ともらしていた。さらなる悪化はリタイアに直結する危険性もある。(引用:東スポweb

首の負傷を抱えたまま優勝した2015年のG1を引き合いに出して縁起がいいと強がりましたが、4度目のG1優勝への道が険しくなったことは間違いない。

不幸中の幸いですが、今大会は新型コロナウイルスの影響で前哨戦がなく例年より試合数が少ないので、次の公式戦(24日・北海道)までに少しでも回復することを願いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA