WWE王座前哨戦はジンダー・マハルに軍配!【WWE スマックダウン・ライブ 2017.5.9】

WWE・SmackDown LIVE 2017.5.9(日本時間5月10日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

オープニング

ランディ・オートン選手に対して次期WWE王座挑戦者のジンダー・マハル選手が、「これが未来だ」と先週撮影した写真で挑発。

そこにケビン・オーエンズ選手が登場、「ハウス・オブ・ホラーズ・マッチも、インドも、イングランドも、誰も気にかけていない。気にするべきはUS王座だ。」と言い、ロンドンの観客からはブーイング。

さらに「今度はAJスタイルズのキャリアを終わらせてやる」と言うと、AJスタイルズ選手が登場、「お前は決してスマックダウン・ライブの顔ではない」と反論。

そしてバロン・コービン選手が「大事なことを忘れているぞ。」と喋ろうとしたところをサミ・ゼイン選手が襲撃、乱闘に発展。

シングルマッチ

× ベッキー・リンチvs◯ ナタリア
エビ固め

トップロープに上がったベッキー・リンチ選手、場外で乱闘を繰り広げるセコンドに気を取られ、ナタリア選手にトップロープから落とされてしまう。

ナタリア選手がそのままフォールして勝利!

シングルマッチ

× ルーク・ハーパーvs◯ エリック・ローワン
スピニング・パワースラム

元ワイアット・ファミリー対決!

エリック・ローワン選手がマスク攻撃を狙うとレフェリーが没収、その隙を突いてルーク・ハーパー選手の顔面を殴打、スピニング・パワースラムでエリック・ローワン選手が勝利!

スポンサーリンク

ドルフ・ジグラー

ドルフ・ジグラー選手からマイクを奪った中邑真輔選手、「黙れ。俺に何が出来るか見たいのか?(観客からYESコール!)見せてやるよ、今すぐな!」と言い、ジャケットを脱ぐ。

レフェリーも現れ試合開始かと思われたが、試合はバックラッシュまで持ち越し。

ドルフ・ジグラー選手に襲撃されるも、膝蹴りと前蹴りで反撃。

ロンドンでもThe Rising Sunの大合唱!

タッグマッチ

◯ ファンダンゴ
ラストダンス
vsコナー
タイラー・ブリーズ× ビクター

ブリーザンゴがアセンションに勝利!

試合後、スマックダウン・タッグチーム王者のウーソズが登場、12日後に控えるバックラッシュを twelve days! と煽りまくる。

6人タッグマッチ

× ランディ・オートン◯ ジンダー・マハル
コブラクラッチスラム
AJスタイルズvsケビン・オーエンズ
サミ・ゼインバロン・コービン

ジンダー・マハル選手がランディ・オートン選手にコブラクラッチスラムで勝利!

WWE王座前哨戦はジンダー・マハル選手に軍配!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA