石森太二「金丸が来たらやべえ」、金丸「石森、今までと違うと思えよ?」【新日本プロレス・2020.6.17】

新日本プロレス・2020年6月17日・ニュージャパンカップ2020・2日目・トーナメント1回戦のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.6.17・ニュージャパンカップ2020・2日目・トーナメント1回戦【オープニングVTR】

石森太二

LA道場のゲイブリエル・キッド選手を破り、順当にトーナメント2回戦進出を決めた石森太二選手。

トーナメント2回戦の相手は、古巣プロレスリング・ノア時代から何度も闘ってきた金丸義信選手に決定!

しかし、石森太二選手は自らを金丸アレルギーと呼ぶほど強い苦手意識を抱いています。

 石森「『NEW JAPAN CUP』、始まったな。まあ、初戦の新人くんには負けるイメージ、そんなのはなかったけど、次だ。上村のお坊ちゃんと金丸かぁ……。金丸が来たら、ちょっと俺はやべえからな。ここは一つ、上村の坊っちゃんにがんばってもらわねえと。でも、もし金丸が上がってきたら……ああダメだ!ダメだ、ダメだ、ダメだ!お、俺はやっぱり金丸アレルギーがあっからよ。だから、坊っちゃん、勝ち上がってこいよ!

過去の二人のシングルマッチは全12試合、戦績はなんと金丸義信選手が11勝1分!

実はプロレスリング・ノア時代を含めて、石森太二選手はシングルマッチで金丸義信選手から1度も勝利したことがないのです。

金丸義信

対照的に、コチラも順当にトーナメント2回戦進出を決めた金丸義信選手は余裕のコメント。

金丸「まあこんなもんだろうな。まあ、あの小僧にしては、まあ、まあの『まあ』ぐらいかな。そして次か。誰だ次はオイ。誰だ次はオイ。なんかアイツ俺に1回も勝ってねぇらしいな。今日は何も引き出してねーけど、もっともっと俺の引き出し、次はフルに活かしてやるからよ。オイ、石森。今までと違うと思えよ?

トーナメント1回戦では見せなかった引き出しをフルに活用して石森太二選手との試合に臨むとのこと。

2006年のプロレスリング・ノア初参戦から14年以上も金丸アレルギーに苦しんできた石森太二選手にとって、非常に厳しい一戦になりそうです。

しかし、試合内容に関してはお墨付きであることは間違いない。

幾度となくリング上で肌を合わせてきた二人による、プロレスリング・ノアでも新日本プロレスでも見せていないような今までと違う好試合を期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA