WWE 2017.4.30 ペイバック2017 試合結果

WWE 2017.4.30(日本時間5月1日)PAYBACK2017の試合結果、動画のまとめ!

スポンサーリンク

【本編】

US王座戦

×[王者]ケビン・オーエンズvs◯ クリス・ジェリコ
ウォール・オブ・ジェリコ

会場は大Y2Jコール!

オーエンズ選手はスチール階段を利用した攻撃を受け左手を負傷、ポップアップ・パワーボムを狙うも決めきれず。

そのままジェリコ選手がウォール・オブ・ジェリコで勝利、US王座を奪回!

クルーザー級王座戦

×[王者]ネヴィルvs◯ オースチン・エリーズ
反則

オースチン・エリーズ選手が雪崩式サンセットフリップ・パワーボムからラスト・チャンスリーでギブアップを迫るも、ネヴィル選手がレフェリーを掴んで投げ飛ばして反則負け。

反則裁定のため、王座移動ならず!

VTR

5.21(日本時間5月22日)に行われるバックラッシュ2017(Backlash2017)の告知VTRに中邑真輔選手!

スポンサーリンク

RAWタッグ王座戦

[王者組]マット・ハーディvsシェイマス
◯ ジェフ・ハーディ
スワントーンボム
× セザーロ

マット・ハーディ選手が流血すると、レフェリーはすぐに医療用手袋を装着する手際の良さ。

シェイマス選手は相手がタッチしていたことに気付かずマット・ハーディ選手をフォール、そこへジェフ・ハーディ選手がスワントーンボムを決めて勝利!

ハーディ・ボーイズが王座防衛。

試合後、両チームは握手をするも、シェイマス選手とセザーロ選手が襲撃してノックアウト。

RAW女子王座戦

×[王者]ベイリーvs◯ アレクサ・ブリス
DDT

本日の会場であるカリフォルニア州サンノゼ出身のベイリー選手に大歓声!

コーナー近くでアレクサ・ブリス選手が丸め込み、ベイリー選手がキックアウトした際、コーナーに顔面を打ち付けてしまう。

その機を逃さずDDTを決め、アレクサ・ブリス選手が新王者に!

ハウス・オブ・ホラーズ・マッチ

ランディ・オートンvsブレイ・ワイアット

ノー・ホールズ・バード戦(反則裁定なし)のアナウンス。

ランディ・オートン選手がハウス・オブ・ホラーズ=恐怖の館に車で訪れて対戦開始。

ランディ・オートン選手を残してハウス・オブ・ホラーズ=恐怖の館を去るブレイ・ワイアット選手は、運転手に会場まで運転するように指示。

続きはこの後!

シングルマッチ

◯ セス・ロリンズ
押さえ込み
vs× サモア・ジョー

コキーナ・クラッチ(胴締めスリーパー)を狙うサモア・ジョー選手を前方に投げ、そのまま押さえ込んだセス・ロリンズ選手が勝利!

ハウス・オブ・ホラーズ・マッチ(続き)

× ランディ・オートンvs◯ ブレイ・ワイアット
シスター・アビゲイル

会場に到着したブレイ・ワイアット選手、リングに上がると真後ろにランディ・オートン選手!

シスター・アビゲイルにカウンターのRKO!

しかし次期WWE王座挑戦者のジンダーマハル選手がベルト攻撃、最後はシスター・アビゲイルでブレイ・ワイアット選手が勝利!

メインイベント

× ロマン・レインズvs◯ ブラウン・ストローマン
パワースラム

本日も大ブーイングのロマン・レインズ選手、左肩には大きくテーピング。

アームトライアングルチョーク(肩固め)からのパワースラムを一度は返されるも、もう一発パワースラムを決め、ブラウン・ストローマン選手が勝利!

試合後、ロマン・レインズ選手はスチール階段で痛めつけられ吐血。

観客からはサンキュー・ストローマンのチャントが起きてしまう。

さらにブラウン・ストローマン選手は、バックステージで救急車に乗ろうとしたロマン・レインズ選手を襲撃するも、救急車の扉に自爆。

何とかロマン・レインズ選手が反撃して終了。

【キックオフショー】

タッグマッチ

◯ エンツォ・アモーレ
丸め込み
vs× ルーク・ギャローズ
ビッグ・キャスカール・アンダーソン

エンツォ・アモーレ選手にマジック・キラーを狙うが、ビッグ・キャス選手がカット。

そのままルーク・ギャローズ選手を丸め込んで勝利!

ミズTV

フィン・ベイラー選手は「タイトルを取り戻す」と、ユニバーサル王座の奪回を宣言。

最後はベイラー選手のスリング・ブレイドからジョン・ウーでミズTVは終了!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA