WWE・2020.4.5・レッスルマニア36・2日目・PART2【ロブ・グロンコウスキー~WWE王座戦】

WWE・2020年4月5日(日本時間4月6日)・レッスルマニア36( WRESTLEMANIA 36 )・2日目の試合結果・PART2、動画まとめ!

関連:WWE・2020.4.4・4.5・レッスルマニア36の対戦カード

4月4日・レッスルマニア36・初日の試合結果はコチラ!

4月5日・レッスルマニア36・2日目の試合結果・PART1はコチラ!

ロブ・グロンコウスキー

24/7王者モジョ・ローリー選手を追いかける選手たちが続々と登場。

するとロブ・グロンコウスキーがバルコニーからダイブ!

そのままロブ・グロンコウスキーがフォールして勝利、24/7王座獲得!

RAWタッグ王座戦

〇[王者組]
アンジェロ・
ドーキンス
 

vs

エンジェル・
ガルザ
モンテス・
フォード
× オースティン・
セオリー

オースティン・セオリー選手がATLを決めると、その上からモンテス・フォード選手がフロッグスプラッシュ!

そのままアンジェロ・ドーキンス選手がフォールして勝利、ストリートプロフィッツがRAWタッグ王座防衛!

試合後にセコンドのゼリーナ・ベガ選手が挑戦者チームとともに暴行を続けると、モンテス・フォード選手の妻であるNXTのビアンカ・ブレア選手が救出に登場!

スマックダウン女子王座戦 / 5WAYイリミネーションマッチ

〇[王者]ベイリー
変形フェイスバスター
サーシャ・バンクス
× レイシー・エバンス
タミーナ
ナオミ

ベイリー選手のダイビングエルボードロップ、サーシャ・バンクス選手のダイビングボディプレス、レイシー・エバンス選手のムーンサルトプレス、ナオミ選手の開脚ムーンサルトを連続で食らったタミーナ選手が退場。

サーシャ・バンクス選手のバンクステートメントでナオミ選手が退場。

ベイリー選手の二―ストライクが親友のサーシャ・バンクス選手に誤爆。

二人が口論していると、レイシー・エバンス選手がウーマンズライトを決めてサーシャ・バンクス選手が退場。

退場したサーシャ・バンクス選手が乱入してバックスタバー!

そしてベイリー選手が変形フェイスバスターで勝利、SD女子王座防衛!

ファイヤーフライファンハウスマッチ

× ジョン・
シナ

vs
〇 ”フィーンド”
ブレイ・ワイアット
マンディブルクロー

ファイヤーフライファンハウスに入室すると、二人は過去を転々と移動。

”フィーンド”ブレイ・ワイアット選手がシスターアビゲイルからマンディブルクローで勝利!

WWE王座戦

×[王者]
ブロック・
レスナー

vs
〇 ドリュー・
マッキンタイア
クレイモア

いきなりドリュー・グラック選手がクレイモアを決めるがカウント2。

対するブロック・レスナー選手の1発目のF5はカウント1、2発目のF5はカウント2でキックアウト!

さらに3発目のF5もカウント2でキックアウト!

ドリュー・マッキンタイア選手がクレイモア3連発で勝利、WWE王座獲得!

最後はドリュー・マッキンタイア選手がコーナーで王座戴冠を祝福して、史上初の無冠観客&2連戦のレッスルマニア36は終了!

4月6日・RAWの試合結果はコチラ!

4月8日・NXTの試合結果はコチラ!

4月10日・スマックダウンの試合結果はコチラ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA