7.20後楽園ホール「SUPER J-CUP2016」1回戦拳王vsグルクンマスク

期待と課題の見えた7.20後楽園J-CUP結果まとめ〈前半戦〉

7.20後楽園ホールで「SUPER J-CUP2016」トーナメント1回戦が開催された。

団体、世代、国境を超えた選手たちが繰り広げた前半戦4試合のまとめ。

第一試合

マット・サイダル(ROH)◯ エアー・サイダル
vs
梶トマト(K-DOJO)×

オープニングマッチに相応しい笑顔と驚きに満ちた試合。

お祭りだけど、やっぱり戦いなんだというこの大会の方向性が打ち出されたような試合だった。

第二試合

グルクンマスク(琉球ドラゴンプロレス)×
vs
拳王(プロレスリング・ノア)○ 羅喉


バチバチの一戦。

ニコプロ民の優勝予想の拳王選手は幸先の良い滑り出し。

第三試合

青柳優馬(全日本プロレス)×
vs
タイチ(鈴木軍) タイチ式ラストライド

#sjcup #鈴木軍 @taichi0319 & @abemiho0110 & @0_desperado 7.20

すさん(@el_hijo_del_su)が投稿した写真 –

キャリアの差がハッキリと出た試合。

タイチ選手のコメントは本音がチラついている。

ここから立ち上がるのがプロレスラーなので、今後の青柳選手に期待。

第四試合

獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス) 垂直落下式ブレーンバスター
vs
Eita×

過去の名勝負を再現したEita選手のノータッチトペコンヒーロは最高だった。

短い試合時間に加え、出血というアクシデントはあったものの、もっとジャベの引き出しを見たかった。

期待と課題がどちらも色濃く見えた前半戦4試合だった。

そして、絶対に来年も開催して欲しいと強く思った。

続きの後半戦はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)