旅立つジェイ・ホワイトを見送った中西学、引退する中西学を見送るジェイ・ホワイト【新日本プロレス・2020.2.21・PART1】

新日本プロレス・2020年2月21日・ニュージャパンロード・後楽園ホール大会4連戦3日目のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.21・ニュージャパンロード・後楽園4連戦3日目【オープニングVTR】

ジェイ・ホワイト

本日22日に現役引退する中西学選手との最後の闘いを終えたジェイ・ホワイト選手。

中西学選手には必殺のブレードランナーを強引にパワーで返され、テンコジからテンコジカッターを食らい、チームも敗北。

第三世代の底力を見せつけられた試合後、ジェイ・ホワイト選手は悪態をつきながらお別れのメッセージを送りました。

ジェイ「はあ、今はいい気分でいられる瞬間かな?11世代目の老人たちよ。俺たちはお前たちのことなんか知らない。そして、ナカニシ、お前だけじゃない。あのリングに上がっていたお前たち全員が、じきにライガーやハットリの仲間入りをするんだ。ライガー、コメンタリーなんかやって楽しそうにしているが、ハットリもライガーもナカニシもニュージャパンの老人クラブに入るんだ。だから、今日ぐらいはこの瞬間を楽しむんだな、古い友だちと。明日は引退セレモニーがあるみたいだな?それが終われば、お前は永遠に消え失せる。そして、新しい俺の時代が始まるんだ

引退する中西学選手を見送る立場のジェイ・ホワイト選手を見て、4年前の2016年6月に行われたジェイ・ホワイト壮行試合を思い出しました。

あの日もジェイ・ホワイト選手の対角線にいたのは第三世代。

当時ヤングライオンだったジェイ・ホワイト選手が日本語で新日本プロレスと新日本プロレスファン、あなたは私の家族ですと言って無期限海外遠征に旅立っていく姿を、中西選手は花道から見守っていました。

ホワイト「スイマセン!ちょっと待って下さい(※場内笑) オーサカ!(※大歓声)俺の言うことを聞いて下さい(※大歓声)。新日本プロレスファンズ、2015(年)と2016(年)、どうもありがとうございました(※大拍手)。新日本プロレスファンズ!私のこれからも、よろしくお願いします(※『ジェイ』コール&手拍子)。新日本プロレス、また帰って来ます!なぜなら、この新日本プロレスリングは、俺の家だ!(※大歓声)そして!そして!新日本プロレスと新日本プロレスファンズ、(※四方の客席へ向かって)あなた、あなた、あなた、あなた、あなたは私の家族です!(※大歓声)ありがとうござました!またね!」(引用:新日本プロレス公式サイト

ファンの心を掴んだジェイ・ホワイト選手の姿を見て、当時の中西学選手は将来への期待を語りました。

中西「いつの間に、あんなに日本語うまなったんや?ホンマに。お客さんの心つかむのうまいんやから、あとはリングをつかめ。まずアメリカな。そしたらまた、デカなって帰って来るやろ。楽しみにしてます」(引用:新日本プロレス公式サイト

そして現在、ジェイ・ホワイト選手は名実ともに新日本プロレスのトップ外国人レスラーに上り詰めました。

文字通りデカなって帰って来たジェイ・ホワイト選手が、引退直前の中西学選手に成長した姿を見せることができたと思うと、昨日の試合がより一層感慨深い試合に感じられます。

やはりプロレスは、使い古された表現ですが、長く見るものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA