新王者オスプレイ「正式にヘビー級転向」、フィンジュースがリマッチ要求!【新日本プロレス・2020.2.19・PART1】

新日本プロレス・2020年2月19日・タイガー服部レフェリー引退記念大会・後楽園ホール大会4連戦初日のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.19・タイガー服部レフェリー引退記念大会・後楽園4連戦初日【オープニングVTR】

フィンジュース

ニュービギニングUSA(2月1日)でIWGPタッグ王座から陥落したフィンジュース。

前王者としてリマッチ権を主張したいところでしたが、すでにニュージャパンロード(2月21日)で棚橋&飯伏組のIWGPタッグ王座挑戦が決定。

ワールドタッグリーグ2019優勝チームのフィンジュースが、まだ純粋な二人のタッグチームとして結果を残していない棚橋&飯伏組にどうしてタイトルマッチができるんだ?と異議を唱えました。

 フィンレー「次は『NEW JAPAN CUP』だな!でも確か、その前にタッグのタイトルマッチもあるんじゃなかったっけ?
ジュース「そうらしいけど、全然分からないな。なぜなら、俺たちにはその話は全くなかったからね。(※日本語で)ケツ、イタイ!呼んでもらえなかったのはあんまりハッピーじゃないな。俺たちだってチャンピオンだったのに、おかしいじゃないか!
フィンレー「そうだよな!リマッチもなし、リーグ戦で勝ってもないヤツらが、どうしてタイトルマッチができるんだ?

(中略)
ジュース「俺のシューズには、アヒルちゃんがついてるんだぜ!タマ、タンガ、棚橋、飯伏、そのどっちかがタイトルを持って帰るみたいだけど、勝ったほうが俺たちに狙われる運命にあるんだからな!

明日21日の結果次第でタマ、タンガもしくは棚橋、飯伏が保持するIWGPタッグ王座に挑戦表明することになりそうです。

旗揚げ記念日(3月3日)に向けて動き始めたタッグ戦線の行方にも注目!

ウィル・オスプレイ

先日、母国イギリスでRPWブリティッシュヘビー級王座を初戴冠したウィル・オスプレイ選手。

ヘビー級の新王者として日本に戻ってきたウィル・オスプレイ選手が改めてヘビー級転向を宣言しました。

オスプレイ「今日は日本のファンのみんなに、バレンタインデーのプレゼントを持ってきたんだ。このプレゼントのために、俺はイギリスに渡って、このブリティッシュヘビー級のベルトを持って帰国してきたんだ。この挑戦もそうだが、浮いたり沈んだり、どっちに行くんだという状況もあったけれども、ウィル・オスプレイはここで正式に、ヘビー級への転向を表明する。自分が世界で最強だと分かってもいたが、疑うところもあった。この世界最強というところも含めて、俺はまた違ったレベルに昇華していくことになるんだ!(※日本語で)オツカレサマデシタ!

次回のウィル・オスプレイ選手のRPW参戦はエピックエンカウンター(5月8日)。

正式にヘビー級に転向したウィル・オスプレイ選手の初防衛戦の相手は誰になるのか。

今後のRPWブリティッシュヘビー級王座を巡る新日本プロレス、RPWの動向をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA