KENTAが内藤に反論「白旗を揚げたってこと?」、田口「珍しくやる気」【新日本プロレス・2020.2.5】

新日本プロレス・2020年2月5日・ロードトゥニュービギニング・後楽園ホール大会・2日目のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.5・ロードトゥニュービギニング・後楽園2日目【オープニングVTR】

田口隆祐

ニュービギニング札幌(2月2日)のオカダ・カズチカ選手による謎のアントニオ猪木発言が、団体や世代を超えてプロレス界で話題なっています。

しかし、新日本プロレス所属選手からの反応は今ひとつ。

そんな状況のなか、意外にも田口隆祐選手がアントニオ猪木発言について言及しました。

まあ『SUPER Jr.』ですかね。『SUPER Jr.』結果出して、アピールしたいと思います。はい、はい。珍しくやる気……満ち溢れてる。やはり“ストロングスタイル”ですからね。それはオカダが名前を出しましたけど。やはり“ストロングスタイル”を継承しているのは私しかいないと思います、ハイ。認められたいですね。あの人に認められたいですね。ありがとうございます

普段の試合からは想像しくいですが、田口選手いわくストロングスタイルを継承しているのは私しかいないとのこと。

今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアは珍しくやる気になっている田口選手の新たな一面が見られそうです。

KENTA

ニュービギニング大阪(2月9日)で2冠戦に挑むKENTA選手が、王者・内藤哲也選手からの返答にまたしても徹底的に反論しました。

ほんで?いろんな反応、彼、してたよ。まぁ何を言ったか、全部は覚えてないけど、アレが彼の考え方なんだろう。彼は『もう前に一回言った』って言ってたけど、あんまり届いてない、我々に。でも俺が改めてオマエの意見を聞いたことで、オマエの意見は今までより多くの人に届いたはずだよ。よかったな鉄也。ありがとうは?(※手を耳に当ててカメラから聞く仕草)オッケー。でも一点だけ、『この会社は特定の人の意見以外は聞き入れてくれないよ』って、確かそんなようなこと言ってた。別に俺にしたら、聞き入れてもらおうがどうしようが、関係ねぇんだよ。で、オマエは言ったよ。『俺もいくつも意見言ったけど、全く通してもらえなかった』って。そんなようなニュアンスのことをオマエ言ってたよ。違うよ、鉄也!オマエの意見が通らない、その中でもがいてるオマエを見て、ファンはオマエに夢を乗せて、オマエの背中を押したんだよ。勘違いしちゃいけねぇよ、鉄也。むしろ会社にありがたいと思えよ。オマエの言うことを全部会社が聞いてて、オマエの言いなりになってて、思うように全てものが進んでたら、誰がオマエのことなんか応援するんだよ。大阪までもうちょいだよ。あと数日?分かんないけど。『もうバックステージはいい』って?それは完敗を認めたってことかな、俺への?俺に完敗を認めて、白旗を揚げたってことかな?どうなんだろう、鉄也。一向に俺が、『鉄也、バカチンが!』って言ってることには一切触れてな……触れてくれないくせに……噛んじゃった、俺も!人のこと言っといて、俺も噛んじゃった。『鉄也』については全然触れてな……触れてくれないくせに。……まぁいいや。大阪までもうちょいだ。明日もあるよ。存分に楽しもうぜ。バックステージだって楽しもうぜ、鉄也。

特にこの会社は特定の選手の意見以外聞き入れてもらえないに対する反論は強烈。

新日本プロレスを愛するがゆえの会社に対する批判や意見は、内藤哲也選手が同じ批判や意見を持つファンからの支持を得てきた部分。

もし言うことを全部会社が聞いていたら、彼らは内藤選手を応援しなかったかもしれないのだからむしろ会社にありがたいと思えという正論にはぐうの音も出ない。

そして最後は、ここまで抗争を盛り上げてきたバックステージコメントも良いけど、リング上でもっとお互い楽しもうと言う内藤選手を俺に完敗を認めて白旗を揚げたってことかな?と挑発。

本日6日、ニュービギニング大阪直前の前哨戦で内藤選手がどんな言葉を残すのかお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA