タイチ&ザックの新合体技「ザックメフィスト」、ジェイ「内藤が何をしたか分かるか?」【新日本プロレス・2019.11.18・PART2】

新日本プロレス・2019年11月18日・ワールドタッグリーグ2019・3日目・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.11.18・ワールドタッグリーグ2019・3日目・後楽園【オープニングVTR】

ジェイ・ホワイト

ジェイ「(※フラつきながらベンチに座ると右手首のテーピングをはがし、肩を押さえ手首を振りながら)なぜだ!いつもこうだ!試合が始まる前から、東京ドームでの決戦の前から、レフェリーが邪魔をするんだ。
(中略)
全ての相手に勝ち、全ての苦難を乗り越えて、俺が勝利に向かおうとすると、必ずレフェリーが邪魔をするんだ!今日だって勝ってもおかしくない試合だったが、内藤が何をしたか分かるか?(※カメラに首のあたりを示し)俺の首の後ろの大事なところにヒジを入れてきやがったんだ!ここは俺のような真のアスリートにとっては、本当に大切な部分なんだ。ここを痛めてしまったら、選手生命だって終わりだ。俺は棚橋のような最後を迎えたくはないんだ!

レッスルキングダム14(1月4日・東京ドーム)でIWGPインターコンチネンタル王座をかけて闘うジェイ・ホワイト選手と内藤哲也選手が、昨夜の前哨戦でも激しい試合を披露。

特に内藤哲也選手は、ジェイ・ホワイト選手がロープブレイクしてもエルボーを打ち続け、制止するレフェリーさえも振り払うほどの白熱ぶり。

日ごとに盛り上がる前哨戦ですが、今シリーズの二人はシリーズ中盤の11月27日(静岡)までの参戦のため、前哨戦もそこで一時中断。

11月27日以降に二人の試合を見るためには、来月12月19日(後楽園ホール)まで待たなければなりません。

現地組以外はまるまる1ヶ月間も二人の試合を見ることは出来ませんが、東京ドームでの決戦に向けて身体を休めて、来月から再び熱い前哨戦を見せてもらいたい。

ザックメフィスト

ザック「(※拍手)ビューティフル!美しい勝利だったな!あんなバカども、相手にしてられないな!俺たち、本当にいいチームじゃないか!

タイチ選手のブラックメフィストとザック・セイバーJr.選手のザックドライバーの新合体技の名前がザックメフィストに決定!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA