新日本プロレス 2017.3.13 福井 試合後のコメント

新日本プロレス 2017.3.13 NEW JAPAN CUP 2017 福井県産業会館大会の試合後のコメントから今後の動向をご紹介。

スポンサーリンク

各試合の詳細は新日本プロレス公式サイトからどうぞ。

  • 川人拓来 次のステップを目指す
  • 北村克哉 目標はオカダさんを倒すこと
  • 田口隆祐 タグチジャパン再編成
  • KUSHIDA チャンピオンベルトは過去・現在・未来をつないでるもの、舐めたり、汚したり、放り投げたりは許されない
  • オカダ・カズチカ 棚橋弘至も消えて、ケニー・オメガも消えて、鈴木さんも消えて、面白くなってきた

ヤングライオン

川人選手、欠場中の金光輝明選手は、後輩の岡倫之選手、北村選手のデビューに焦りを感じないはずがない。

さらに現在セコンドにはデビュー前の練習生が二人。

来月に約5ヶ月ぶりの開催となる4.13 ライオンズゲート4 新宿FACEでその二人がデビューする可能性もあると思います。

次のステップに進むにはそうした後輩を押し退けていかなければならない、若手も本当に大変。

《2017.3.14追記》

新日本プロレスワールドで北村選手のデビュー戦を無料配信中です!

タグチジャパン

タグチジャパンって必ず監督は出場しないといけなでしょうか?

もし監督がベンチ入りの可能性があるなら、次のタイトルマッチは棚橋弘至&オカダ・カズチカ&SANADA組でお願いします。

KUSHIDA

舐める=高橋ヒロム選手、汚す=BUSHI選手、放り投げる=内藤哲也選手、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを全否定。

ですが前哨戦から舌戦が盛り上がるのもヒロム選手の凱旋帰国のおかげ。

#respect

KUSHIDAさん(@kushida_ts)がシェアした投稿 –

でもこのベルトを大事に扱ってもらいたいというのはKUSHIDA選手と同じ気持ち。

オカダ・カズチカ

結果的にオカダ選手が望んでいた形でトーナメントが進んでいる。

例年ニュージャパン・カップ優勝者はその場でどのベルトに挑戦するかを決定します。

ジュース・ロビンソン選手のようにIWGPインターコンチネンタル王座への挑戦の意思を表明している選手もいるが果たしてどうなるか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA