オカダ「3冠王なります」、飯伏「見えてきたんじゃないですか、優勝が」【新日本プロレス・2019.8.7・PART1】

新日本プロレス・2019年8月7日・G1クライマックス29・15日目・浜松アリーナ大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.7・G1クライマックス29・15日目(Aブロック8戦目)・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.7・G1クライマックス29・15日目(Aブロック8戦目)・PART2

飯伏幸太

飯伏「(※息を切らせながらコメントスペースに座り込んで)ああ……ああ、負けれないッスね、俺は。見えてきたんじゃないですか、優勝が……。チャンスありますよね?
――(8.10)武道館でオカダ選手に勝てば……。
飯伏「可能性が、可能性があるなら……。ザック……このタイミングでザック(が相手)とは、思わなかったし、(公式戦)最終日もオカダ選手……。勝たないと……勝たないと……。何としてでも……。

Aブロック・公式戦は全9試合のうち8試合が終了。

優勝決定戦進出はオカダ・カズチカ選手(14点)か飯伏幸太選手(12点)に絞られました。

最終公式戦は二人の直接対決のため、勝者が優勝決定戦進出となります。

しかし3位以下の点数が離れているため、オカダ・カズチカ選手は引分・無効試合でも優勝決定戦進出という有利な状況。

飯伏幸太選手にとっては何としてでも勝たないといけない一戦となります。

オカダ・カズチカ

オカダ「いやあ、強かった、EVIL。IWGPヘビー級チャンピオンとして、2連敗するわけにはいかないでしょ。まあ、ホントに、申し訳ないことに、まだ決勝(進出は)決まってないんで。(8.10武道館の飯伏戦で)負けなければOK?ま……もう次は、僕の結果次第ってことですか?ほかの勝ちは関係なく?ただ飯伏戦の?よし!引き分けでもOKなら、俺の方が気持ちは有利でしょう。ただね、チャンピオンが引き分けで決勝いきますなんて、そんなダッセエことね……。必ず勝って決勝いって、優勝します。『NEW JAPAN CUP』、IWGP、『G1』……3冠王なります

ニュージャパンカップ2019優勝者&IWGPヘビー級王者としてG1クライマックス29に臨んだオカダ・カズチカ選手。

19年ぶりとなるIWGPヘビー級王者によるG1優勝を成し遂げて、NJC、IWGP、G1「3冠王」になると宣言!

どちらかが優勝決定戦に駒を進めるのか、明後日10日・日本武道館大会をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA