ザック「オカダが最後にタップしたのはいつだ?」、飯伏「やっぱり足が…」【新日本プロレス・2019.7.13・PART1】

新日本プロレス・2019年7月13日・G1クライマックス29( G1 CLIMAX 29 )・2日目・Bブロック初戦・大田区総合体育館大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.13・G1クライマックス29・2日目・Bブロック初戦・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.13・G1クライマックス29・2日目・Bブロック初戦・PART2

飯伏幸太

飯伏「いや、別に何も言うことないです。タッグとシングルは違うんで。今日とはまったく違ったものになる、明日は。まあちょっとやっぱり足がね……。ちょっとわかんないですね。まあそのせいにはしたくないです。まったく問題ないです。楽しみです、今年の『G1』は。足も問題ない。(テレビカメラを指して)足を狙ったほうがいいですよ

G1開幕戦で左足首を負傷した飯伏幸太選手。

G1開幕戦から1週間が経過したものの、やっぱり足がね…と思わず漏らしてしまうほど状態は良くないようです。

飯伏幸太選手は残り17大会を無事完走できるのだろうか?

ザック・セイバーJr.

明日は俺がオカダをタップアウトしてみせよう。そして、俺のホームであるイギリスでタイトルマッチをしようじゃないか。そう、俺はもう12時間もかけて日本に飛んでは来ない。オマエが飛んできて、俺の地元で試合をするんだ。ところで、明日俺はオカダをタップアウトするが、オカダが最後にタップして負けたのはいつだったっけ?俺の記憶が正しければ、4~5年前に中邑真輔、“シンチャン”がやったのが最後じゃないか?それ以来タップしてないなんて、冗談だろ?明日、俺がワンナイトでアイツをタップアウトしてやっつけてやろう。

ザック・セイバーJr.選手は、本日14日・Aブロック公式戦でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ選手と対戦。

このタイミングでオカダ・カズチカ選手から勝利を奪えば、来月8月31日に母国イギリスで開催される新日本プロレスのビッグマッチロイヤルクエストでのIWGPヘビー級王座挑戦も視野に入る。

ホームであるイギリスでタイトルマッチを実現させるためにも負けられない一戦となります。

またザック・セイバーJr.選手は、オカダ・カズチカ選手からタップアウトで勝利することについても言及。

オカダ・カズチカ選手はレインメーカーとして凱旋帰国以降、ギブアップで敗れたのはたった1度だけ。

2015年8月15日にG1公式戦で中邑真輔選手の腕ひしぎ十字固めでタップアウトした試合のみ。

ザック・セイバーJr.選手の宣言通り、レインメーカーから約4年ぶりにタップアウトで勝利を奪えるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA