KUSHIDAがサブミッションマッチで劇勝!紫雷イオがNXT女子王者にリベンジ!【WWE・NXT・2019年6月】

WWE・NXT・2019年6月12日(日本時間6月13日)放送分の試合結果、動画をご紹介!

6月5日・NXTの試合結果はコチラ!

イオ&キャンディス vs MMAフォーホースウィメン

△ 紫雷イオ
(ノーコンテスト)
 

vs

マリーナ・
シャフィール
キャンディス・
レラエ
△ ジェサミン・
デューク
(ノーコンテスト)

花道でNXT女子王者シェイナ・ベイズラー選手が観戦。

紫雷イオ選手がムーンサルトプレスを狙うと、シェイナ・ベイズラー選手がジェサミン・デューク選手を場外に引きずり落として回避。

しかし紫雷イオ選手は標的をシェイナ・ベイズラー選手に切り替えて、コーナートップからの場外ムーンサルト!

するとキャンディス・レラエ選手が残りの二人にトペスイシーダ!

そのまま場外乱闘が続いてノーコンテスト裁定。

その後、2週間後の放送でNXT女子王座戦・スチールケージマッチが決定!

サブミッションマッチ

〇 KUSHIDA
ホバーボード
ロック

vs
× ドリュー・
グラック

ギブアップのみで勝敗を決するサブミッションマッチ!

まずはKUSHIDA選手が試合のペースを握るも、ドリュー・グラック選手がリバースボディスラム連発で反撃。

さらにゴリースペシャルからボストンクラブ、サイドヘッドロックで痛めつけるが、KUSHIDA選手は低空ドロップキックで形勢逆転。

そしてトルネードDDTから腕ひしぎ十字を決めるも、ドリュー・グラック選手はロープブレイク。

その後、ドリュー・グラック選手がアンクルロックを決めるが、今度はKUSHIDA選手がロープブレイクで難を逃れる。

最後はKUSHIDA選手がマサヒロ・タナカ、ハンドスプリングエルボー、そして腕へのエレファントキックからホバーボードロックで勝利!

試合後、二人は握手でリスペクトを示す。

ローカン&バーチ vs アンディスピューテッドエラ

オニー・
ローカン
 

vs

× カイル・
オライリー
〇 ダニー・
バーチ
ロールアップ
ロデリック・
ストロング

試合途中にジャクソン・ライカー選手が登場、場外でセキュリティを蹴散らす。

その様子に気を取られたアンディスピューテッドエラを激突させると、ダニー・バーチ選手が丸め込みで勝利!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA