YOHのスターゲイザー、SHO「タッグチャンピオンとして」【新日本プロレス・2019.5.22】

新日本プロレス・2019年5月22日・ベストオブザスーパージュニア26・7日目・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.5.22・ベストオブザスーパージュニア26・7日目【星取・順位表】

YOH

YOH「2勝目!ロッキーから2勝目、ハアハア……獲りましたね。ロッキーがいなかったら今の俺もSHOもないから。無限大、無限大の感謝っすね。こうやって闘えてシングルでやって、思いっきり試合やってね、なんかこう仲がもっと深まったというか。肌と肌を合わせて感じたこともあるし、ロッキーと組んで、ロッキーが友だちでいてくれて良かったなって心底思います。これからもROPPONGI 3Kと一緒に成長して強くなっていきます。もうね、ROPPONGI 3Kが青春っすね

今大会からYOH選手はAJスタイルズ選手のカーフキラー(カーフクラッシャー)を使用。

ドラゴン殺法とも相性が良く、とても理にかなった新技となりました。

そしてロッポンギ3Kの仲間であるロッキー・ロメロ選手からギブアップを奪ったこの新技をスターゲイザーと命名!

SHO

SHO「クソーッ!クソッ!アーッ!悔しい、もちろん悔しいけど、アーッ!こんな負け方してたら、何が悔しいかって……こういうことも想定しとかないといけない。もちろん、金丸が相手なら。そこを、アーッ……これも全て、実力のうちだ。こんな負け方でも、今日この日は俺より金丸が強かっただけだ。アーッ!ジュニアタッグチャンピオンとして、今日だけは絶対、落とせなかった……。(※控室に向かいながら)両国、まだまだ諦めてない。アーッ、クソッ!

場外リングアウト負けで3敗目を喫してしまったSHO選手。

ここまで4戦0勝の鷹木信悟選手に敗れており、早くも両国国技館で行われる優勝決定戦進出は厳しい状況となってしまいました。

関連:ヘナーレ「タイチ、返事をくれ」、飯伏「クレーマー(内藤)、このベルト、1個でお願いします」、YOH「生え抜き対決を決勝で」【新日本プロレス・2019.4.26】

またSHO選手は現IWGPジュニアタッグ王者であり、公式戦で敗れた鷹木信悟選手、ドラゴン・リー選手、金丸義信選手から王座挑戦を要求される可能性もあり。

BOSJ26終了後、ジュニアタッグチャンピオンから勝利を奪った金丸義信選手が王座挑戦に名乗りを上げるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA