タッグ王座戦、オージーオープン対SCC!ジョー・ヘンドリー対デイビッド・スター!【ディファイアントレスリング・ローデッド#14】

ディファイアントレスリング・2019年3月10日・ローデッド#14( Loaded #14 )の試合結果、動画まとめ!

関連:PACがリングス・オブ・サターンでロビーXに完勝!【ディファイアントレスリング・ローデッド#13】

ラナ・オースティン&リジー・スタイルズ vs カンジ&ビー・プレストリー

ラナ・
オースティン
 

vs

× カンジ
〇 リジー・
スタイルズ
ランニングニー
ビー・
プレストリー

リジー・スタイルズ選手がランニングニーで勝利!

試合後、連敗が続くディファレント女子王者のカンジ選手自分には相応しくないとベルトを返還しようとするも、プリンス・アミーンGMが誇りを持ってベルトを巻けと励ます。

ジョー・ヘンドリー vs デイビッド・スター

〇 ジョー・
ヘンドリー
場外リングアウト

vs
× デイビッド・
スター

ガブリエル・キッド選手の襲撃を受けたデイビッド・スター選手は肋骨にテーピングを巻いており、まともに力が入らない状況。

ジョー・ヘンドリー選手がフリーク・オブ・ネイチャー(ブロックバスター)を決めると、デイビッド・スター選手が場外に転落。

そのまま10カウント以内にリングに戻れず、場外リングアウト裁定。

試合後、ジョー・ヘンドリー選手がガブリエル・キッド選手に対戦要求。

マーティン・カービー vs ローリー・コイル

ベンジー選手が登場、インターネット王座への再挑戦を要求。

そしてマーティン・カービー選手を呼び込むと、スクリーンにマーティン・カービー選手が現れて、王座挑戦表明を拒否。

するとベンジー選手は闘う準備が出来ている、バックステージから誰でもいいから挑戦してこいと言うと、ローリー・コイル選手が登場。

〇 ローリー・
コイル
バックフリップ

vs

× ベンジー

ローリー・コイル選手がバックフリップで勝利!

ディファイアントレスリングタッグ王座戦


×[王者組]

オージーオープン

vs
〇 サウス・コースト・コネクション
合体デュード
バスター

試合開始前にSCCが奇襲を仕掛けると、マーク・デイビス選手がイス攻撃で左膝を負傷。

SCCが合体デュードバスター(&ミサイルキック)で勝利、ディファイアントレスリングタッグ王座獲得!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA