カイル・オライリー「死ぬまでにもう一つだけやりたいことがあった」

新日本プロレスのケニー・オメガ選手同様、動向が注目されているROHのカイル・オライリー選手が気になるツイートをしていたのでご紹介します!

スポンサーリンク

2017年1月14日、オライリー選手はROHでジェイ・リーサル選手と組んでBULLET CLUBと対戦する予定でした。

しかし当日はレッドラゴンのタッグパートナーであるボビー・フィッシュ選手が代わりに出場し、オライリー選手本人はカナダのECCW(Elite Canadian Championship Wrestling=エリート・カナディアン・チャンピオンシップ・レスリング)でECCW王者に輝きました。

その後のツイートがコチラ。

「オーケー、死ぬまでにもう一つだけやりたいことがあったんだ。」

bucket list=死ぬ前にやっておきたい事って一体何ですかね。

ROHでチャンピオンになった、新日本プロレスでもチャンピオンになった。

順当に考えるとWWE移籍しかないですよね。

すでにROH選手一覧にもKyle O’Reillyという名前はありません。

ROH退団は決定的のようです。

マイケル・エルガン選手のように新日本プロレスに参戦しながらアメリカでも活動できればベストなんですが。

もしWWEに行ってしまったらKUSHIDA選手との対戦はしばらく見られない、本当に残念。

オライリー選手のbucket list がIWGPジュニアヘビー王座であることを願いつつ、続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA