タイチ「おい、内藤」、ドラゴンジョージ「オカダとシングル」、石森太二がギンバエマスクを襲撃【新日本プロレス・2019.1.21】

新日本プロレス・2019年1月21日・ファンタスティカマニア2019・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.1.21・ファンタスティカマニア2019【第2試合まで無料】

スポンサーリンク

タイチ

タイチ「うるせぇ、うるせぇ、この野郎!(※さらに怒号&ブーイングが大きくなり)うるせぇ、この野郎!!(※激しい怒号&ブーイング) ああ、わりぃわりぃ。今日から開幕だと思ってよ、間違って来ちゃった(※怒号&ブーイング)。あれ、内藤!?またおんなじやり方でやられたの、お前!?ヘヘヘ。学習しねぇな。ま、しょせんお前はよ、俺の前では、それまでの男だよ。(※ファンに向かい)オイ、お前らよ、日本一マナーの悪い“クソハポンファン”どもよ!(※怒号&ブーイング) オイ、バカども聞け、オラ。お前らも気づけよ。しょせんこいつは、大したことねぇ、口ばっかりの、“中身スカスカ男”だってよ、気づけよ!(※怒号と歓声が入り乱れる)うるせぇ!うるせぇ!お前ら!!うるせぇ、この野郎、テメェら!!張り倒すぞ、この野郎!!(※場内笑) オイ、内藤。“冬の札幌”は、何かが起こるってな!楽しみにしてるぜ。じゃあな。アディオス

内藤哲也選手から挑発を受けていたタイチ選手が乱入してノーコンテスト裁定となり、リング上で内藤哲也選手を中身スカスカ男と罵倒。

2月3日・札幌大会のIWGPインターコンチネンタル王座戦に向けて大きく弾みをつけました。

ドラゴンジョージ

ドラゴンジョージ「新日本プロレスファンの皆さん、はじめまして。ライオンプロレスのドラゴンジョージです。まあ、ライオンプロレスのチャンピオンとしてこうやって来ましたけども、新日本プロレスにも素晴らしい選手はたくさんいると思うんで、ぜひドラゴンジョージはオカダ・カズチカとシングルで闘いたいです

ライオンプロレスからドラゴンジョージ選手が新日本プロレス初参戦!

関連:「パパわる」ゴキブリマスクらがFM参戦!ナマハゲ、風神&雷神も参戦!【新日本プロレス・2019年1月】

 

View this post on Instagram

 

NJPW【official】- 新日本プロレスさん(@njpw1972)がシェアした投稿

オカダ・カズチカ選手とのドリームマッチは実現するのか?

またタッグを組んだスイートゴリラ丸山選手はあ、これ、まだまだ続くかもなと再登場の可能性を示唆。

今後のパパわるの展開にご期待ください!

石森太二

※ここで石森が乱入、ギンバエの顔面にスプレーを吹きかけ、マスクを剥ぎ取る。ギンバエは激しくむせる。
石森「ギンバエ!いや、田口!オメェのなぁ、思い通りにはさせねぇよ!
田口「ぐわーっ!(※顔面を押さえ、転げ回って苦しむ)」
石森「(※手に持ったギンバエのマスクにスプレーを吹き付けながら)ハエはな、駆除しねぇとな!
田口「(※顔面を両手で覆ってのたうち回る)あーっ、目が!目がぁーっ!
石森「(※手に持ったマスクにスプレーを吹き付けながら)こんなのかぶったって、かわいくねぇしな!(※と、立ち去る)
田口「うぁーっ!(※のたうち回りながら)石森……
※ここでゴキブリマスクがインタビュースペースに登場。
ゴキブリ「ギンバエ!ギンバエ!(※田口が起き上がらないので、報道陣に向かって)いいか、よく聞けよ!ゴキブリはなぁ、しぶてぇーぞ!何度だって戻ってくるからな!(※と、控室へ)」
田口「くそぉーっ!(※起き上がろうとするところに、辻が手を肩を貸そうとする)オイ、石森、石森ーっ!よーく聞け!よーく聞けぇ!辻が!辻がぁ!黙っちゃいねぇーぞ!(※と、控室へ)
※取り残された辻は困った顔で報道陣に目をやるが、困った顔のまま無言で控室へ。

ハエは捕獲できないから駆除しようと思うとコメントしていた石森太二選手が、バックステージでギンバエマスクこと田口隆祐選手を襲撃。

これまでセーラーボーイズで精神的に揺さぶりをかけてきた田口隆祐選手ですが、シリーズの最後に一本取られてしまいましたね。

田口隆祐選手がのたうち回る姿や、辻陽太選手が困惑する表情は是非とも動画で見たいので、後ほど追記します!

動画追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA