KUSHIDAとタイチの約束、鷹木信悟と小島聡【新日本プロレス・2019.1.13】

新日本プロレス・2019年1月13日・ファンタスティカマニア2019・KBSホール大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

KUSHIDA

KUSHIDA「タイチ、この野郎。ジュニアで結果残せなかった男が、ヘビー級へ行ってベルト獲れるわけないだろ。そう、ヘビー級へ行って寂しかったよ。でも、うれしかったよ。NEVER(無差別級)のベルト獲って、ジュニアとタイトルマッチするんだろ?約束は守れよ。しっかりチェックしとくから

今月末で新日本プロレスを退団するKUSHIDA選手からタイチ選手にお別れのメッセージ。

関連:KUSHIDA退団、最後の対戦相手とWWE・NXTで待つライバルたち【新日本プロレス・2019年1月】

昨年タイチ選手が掲げたNEVER無差別級王者としてジュニアヘビー級の選手たちと防衛戦をするという約束を忘れることなく、新天地でも新日ジュニアをしっかりチェックしとくと約束。

タイチ

それとテメエ、KUSHIDA、この野郎。ふざけた野郎だな。テメエみたいな、どこぞの馬の骨かわかんないヤツがよ、拾ってもらってよ、こんなところに。それがクソぶっかけてやめるってか。その程度だ、お前は。まあいいよ。そのうち、食いっぷちに困ったら、俺に言ってこいよ。タカタイチ興行、第1試合で使ってやるよ。俺は優しいからな

そしてタイチ選手からもKUSHIDA選手に対してお別れのメッセージ。

お互いに他団体から新日本プロレスに辿り着き、ジュニアヘビー級というカテゴリで闘ってきた者同士だからこそ、タイチ選手の口から出たクソぶっかけてやめるってかという言葉は重みがある。

ただ最後は食いぶちに困ったら」「タカタイチ興行、第一試合で使ってやると、タイチ選手らしい言葉で締めました。

新日本プロレス所属のKUSHIDA選手が見れるのも残り7大会(対戦カード未定含む)のみ、やっぱり寂しいですね…

鷹木信悟

鷹木「毎日、刺激的だね。風神、雷神だけじゃなくね。ヘナーレ、小島ともやるのも、ものすごい刺激的だ。まあ、小島聡はだな、剛腕っつってんだろ?(※自身の右腕を叩きながら)俺も剛腕とは言わないけど、右腕、大事にしてっから。そのうちいつか、決着つけなきゃいけないかな。まあ、オレは常に、刺激を求めていくからな

ファンタスティカマニア2019で2015年以来約4年ぶりにリング上で肌を合わせている鷹木信悟選手と小島聡選手。

4年前もタッグマッチでの対戦であり、まだシングルマッチでの対戦はなし。

ラリアットを得意とする小島聡選手を、パンピングボンバーに自信を持つ鷹木信悟選手は相当意識している様子。

一方の小島聡選手も、4年前に初めて食らった鷹木信悟選手のパンピングボンバーを高く評価していた。

それにしても、鷹木君のラリアット・別名…パンピングボンバーの威力は凄まじかったなあ。
全身に電気が走るというか、長州さんに初めてラリアットを食らった衝撃にも似た痛み(引用:コジログ

剛腕対決の実現、大いに期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA