田口隆祐のY・T・R、オスプレイの防衛ロード、鈴木軍がジュニアタッグのリマッチ要求【新日本プロレス・2019.1.4・PART1】

新日本プロレス・2019年1月4日・レッスルキングダム13・東京ドーム大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.1.4・レッスルキングダム13・PART1【ガントレットマッチ~英国ヘビー級王座戦】

スポンサーリンク

田口隆祐

田口「今日は皆さん、応援ありがとうございました。選手たちが非常に頑張ってくれまして、第0試合から、ゼロからのスタートということで、田口ジャパン、明日に、未来につながる今日の1勝、ハイ、ホントに選手たちはよく頑張ってくれました。『ヤッタゼ、タグチ、リュウスケ』、YTR、(※YTRポーズをしながら)『ヤッタゼ、タグチ、リュウスケ』ということで、えー、今後とも、よろしくお願いします。

タグチジャパン初の本隊&CHAOS越境タッグで、見事に田口隆祐選手がNEVER無差別級6人タッグ王座挑戦権を獲得!

さっそく矢野通選手のY・T・RY=ヤッタゼ、T=タグチ、R=リュウスケとタグチジャパン風にアレンジ。

さっそく今夜5日、タグチジャパン&Y・T・Rのベルト獲得を期待しましょう!

ウィル・オスプレイ

オスプレイ「俺の力のほどが分かったか?俺はただカッコいい飛び技を見せるだけじゃないんだ。イギリスでも切磋琢磨して強くなってきた、その力を今日、証明することができただろう。そして一つ、何が証明できたかといえば、もちろん、ジュニアヘビー級の俺がヘビー級の相手と戦えるということだ。俺こそが世界で戦える男なんだ。俺は世界中のヘビー級の強い選手と戦ってみたい。それは日本だけとは限らない。ROH、レボリューション、どこでもいい。いろんなものを見てみたい。世界を見てみたいんだ。

NEVER無差別級王座を獲得したウィル・オスプレイ選手の所信表明!

階級を超えたチャンピオンとして、国、団体を問わず防衛戦を行うことを希望。

8月31日には母国・イギリスで新日本プロレス初のビッグマッチも決まり、今後ウィル・オスプレイ選手の新日本プロレスでのポジションはますます上がっていきそうです。

金丸義信

金丸「おい、ロッポンギ!負けてんじゃねえぞ、おい!ああ?おい、BUSHI、鷹木、誰から勝ってんだ?こんなんで納得いってねえからな。わかってんだろうな、この先。おい、このままじゃ終わらねえからな。それだけだ。よく憶えておけ!ボケ!

IWGPジュニアタッグ王座から陥落した鈴木軍・金丸義信選手がリマッチを要求!

3WAYマッチのため王者から直接勝たずして王座が移動してしまったので、新王者に輝いたL・I・Jもこの要求に応じるか?

ファンタスティカマニア後の次期シリーズ・ニュービギニングはビッグマッチがアメリカ(1月30日&2月1日)と日本(2月2日&3日&11日)に分散されるので、どこでどのタイトルマッチが組まれるのか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA