ウィル・オスプレイ「KUSHIDAをリスペクト」、田口がIWGPジュニア挑戦表明、裕二郎&オーエンズがバレットクラブ復帰【新日本プロレス・2019.1.5・PART1】

新日本プロレス・2019年1月5日・ニューイヤーダッシュ・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.1.5・ニューイヤーダッシュ【全試合無料】

スポンサーリンク

ウィル・オスプレイ

オスプレイ「いい試合だったかな?NEVERの無差別級のベルトも取って、イシイとゴトウも何かあるのかな?それもいいんじゃないの。俺はKUSHIDAのことをリスペクトしている。新日本に来て自分にとっては凄く勉強になることを教えてくれた奴だからね。まあ、またあいつと試合することになるかどうかはわからないけど、彼のことは変わらずリスペクトしているよ。CHAOSとか関係なく本当に1人の男として。

イッテンヨンで新NEVER無差別級王者に輝いたウィル・オスプレイ選手が、王者としての初陣でライバルのKUSHIDA選手からピンフォール勝ち。

試合後に二人が拳を突き合わせたシーンとまたあいつと試合をすることになるかどうかはわからないというコメントを見る限り、ベルトを落としたKUSHIDA選手はWWE行きが濃厚なのかもしれません。

思い返せばウィル・オスプレイ選手の新日本プロレスデビュー戦の相手はKUSHIDA選手でした。

もちろんまだ今後のKUSHIDA選手の動向は不透明ですが、WWEに行く前にウィル・オスプレイ選手と肌を合わせる姿を見れて本当に良かった。

高橋裕二郎&チェイス・オーエンズ

チェーズ「2019年は“ニュー”タマ・トンガになったんだな?ここ6カ月本当にひどい目に遭って来たけど、俺たちは元々ファミリーだから。ファミリーは元に戻らなきゃダメだよな。これからは一緒にやっていこう
タマ「そうだ。BULLET CLUB、ベイベーだよ
裕二郎「(以下、英語で)じゃあ、これで戻るっていうことでいいのかな?
タマ「そう、俺たちはお前たちとユニットが分かれてしまった時も、同じBULLET CLUBだと思っていたよ
裕二郎「そうだよ。俺たちは常にBULLET CLUBだったんだ

ジ・エリートの新団体・AEW誕生に伴い、ジ・エリートと行動を共にしていた高橋裕二郎選手とチェイス・オーエンズ選手がバレットクラブ復帰!

バレットクラブOGとジ・エリートの板挟みになっていた二人ですが、無事に元の鞘に収まることになりました。

今年こそチェイス・オーエンズ選手がNEVER無差別級王座に挑戦する日を心待ちにしています!

田口隆祐

田口「クッシーが昨日、ドームで敗れ、石森がチャンピオン。今日のNEVER無差別級6人タッグは、結果、獲れはしませんでしたけど、石森、やって分かりましたよ。やって分かりました、ジュニアのベルトがこんなにも近くにあると。ジュニアのベルト、石森!今日、分かったろ!アンクルでテメェの足首、取ってやるよ!挑戦表明!IWGPジュニア!田口隆祐、石森太二に、挑戦表明します!同じ宮城県出身同士、正々堂々やりましょう。正々堂々……いや、チャンピオンに敬意を表して……勝負してください!

新IWGPジュニアヘビー級王者の石森太二選手に、本隊から田口隆祐選手が挑戦表明!

今年も昨年のような田口隆祐選手らしい煽りVTRを期待!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA