ケニー・オメガのWWE移籍の噂はなぜここまで広がったのか【新日本プロレス・2017年1月】

新日本プロレス 2017.1.4 WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム大会でオカダ・カズチカ選手とのIWGPヘビー級王座戦で死闘を繰り広げたケニー・オメガ選手のWWE移籍の噂がなぜここまで広がったのかまとめてみました。

スポンサーリンク

主な理由は3つ。

  1. 2016年の1月5日
  2. オメガ選手の発言
  3. ジョン・シナ選手のインスタグラム

まず1に関して。

昨年の1.5 後楽園大会(=イッテンゴ)ではAJスタイルズ選手のBULLET CLUB追放という大事件が起こりました。

そこからなだれ込むように中邑真輔選手らも新日本プロレスを退団し、WWE入団を果たしました。

そのイメージがあまりにも衝撃的だったため、WWEに引き抜かれるというと語弊がありますが、今年も主力選手がWWEに移籍してしまうのではないかという不安感が新日本プロレスファンの間に蔓延してしまいました。

永田裕志選手もツイートしていたように、毎年この時期に新日本プロレスの選手は契約更改を行うので、イッテンヨンであんなにも素晴らしい試合を見せてくれる選手がいなくなってしまうかもしれないと心配してしまうのは仕方がない部分もあると思います。

スポンサーリンク

続いて2に関して。

まずイッテンヨンの試合後のコメント。

ケニー今日は負けてしまったけど、とても誇らしい思いでいっぱいだ。こんな気持ちが沸き上がってくるとは思ってなかった。時にはこういう苦い思いもしなくてはならない。でも、オカダ、お前をリスペクトしている。お前は日本で最高、いや、もしかしたら世界でも最高のプロレスラーかもしれない。だけど、もし再戦のチャンスがあるなら、次は絶対に負けない。絶対に倒してみせるとここに誓おう。負けたとは思っていない。ニュージャパンは俺に最高のチャンスをくれた。そして2016年は、最高の時間をもたらせてくれた。2017年の幕開けは、自分のキャリアの中でも最大の敗北から始まってしまったのはとても残念だが、その中でもヤングバックスは彼らの試合が終わってからも俺を後方支援してくれたことに感謝したい。ヤングバックスと俺こそが、このプロレス界を牽引していく存在になると思う。これ以上の質問はなしだ。これ以上のコメントもなし。グッバイ……そのあとは言わない。グッバイだけだ(引用:新日本プロレス公式サイトより)

翌日イッテンゴのバックステージコメント。

ケニーあの大試合からの翌日、まだ一晩しかたってない。心も体も、ここにあらずという状態だ。でも、あんな高齢者とチーズバーガー相手に負けてしまうなんてどうかしてるよな……。俺はレジェンドでスターファイターであるんだから、こんなことはあってはいけない。連勝街道に戻る前に、少し休みが必要なのかもしれないな。もし俺が休みを取って、しばらくリングからいなくなる間、お前たちはどれだけ俺のことが好きだったかを再確認するだろう。俺がいない間、みんな俺のことが恋しくなる。まあ、俺がリングに戻ってくるまで、グッバイ&グッナイト……(引用:新日本プロレス公式サイトより)

自分の将来を見直すために日本を離れる。旅の道のりは変わってしまったが、目標は変わらない。

この言葉と写真(ターミネーターの”I’ll be back”)を額面通りに受け取れば、しばらく休んでまた戻ってくるよというメッセージに思えます。

ただファンはみんなオメガ選手の今後の動向が心配で心配で仕方がない状況。

そんな時にこんな感傷的で疲労困憊そうな発言をされると、もう新日本プロレスを辞めてしまうのかもしれないと勘ぐってしまいたくなるものでしょう。

東スポさんでも語っていたように、次に目指すべき目標やモチベーションが見つからないから新日本プロレスを休むということなので、仮にその答えを他団体に見出してしまったら…

本人もファンも、時間が経てば経つほどネガティブな方向に考えが進んおり、何も決定していないのに噂が噂を呼ぶ状況に陥っている気がします。

スポンサーリンク

ラストは3に関して。

WWEのトップ選手であるジョン・シナ選手のインスタグラムへの投稿がコチラ。

ケニー・オメガ選手の写真とアニメ「サウスパーク」のキャラであるケニーの写真をアップ。

この写真が何を意味するのか、考えるだけ無駄かもしれないが考えすぎてしまうのがプロレスファンの性。

まだ行き先を迷っているオメガ選手への勧誘なのか、それともWWEに内定していることを示唆しているのか、ただ単に面白がっているだけなのか。

この投稿に対してオメガ選手は「まだ将来について何も決断を下していない。」とコメントしています。

真相は関係者以外にはわかりませんが、私たちが良い意味でも悪い意味でも想像を膨らませる材料になっているのは確かです。

オメガ選手のWWE移籍話はここまで広まった理由はこんなところでしょうか。

スポンサーリンク

最後に、本気で心配している方々には申し訳ないですが、私はこの状況を意外と楽しんでいます。

なぜならここまでの話で確定していることは何もないですし、やっぱり2016年のG1決勝のマイクを忘れられないからです。

日本は俺のホーム。新日本は俺のホーム。だから、そっち行かない。

G1優勝した直後に日本語でこんな事言える外国人選手他にいないでしょ。

だからと言ってWWEに移籍したら裏切り者と呼ぶつもりはありませんが、やっぱりこの言葉は思いと思います。

重いと思うからこそ、きっとオメガ選手は新日本プロレスに戻ってくると信じています!

そして何よりも日本には飯伏幸太選手という最大の宿題が残っています。

敵として闘うにしろ、ゴールデンラヴァーズ再結成にしろ、飯伏選手こそがオメガ選手にとって最大のモチベーションになることは間違いない。

やり残したことがある状況で日本から完全に離れるのか、アメリカ=WWEで対戦が実現しても本人たちが望む試合を見せられるのか。

今現在の二人が闘う舞台に相応しいのは、新日本プロレスのリングだと私は思います。

しばらくの間オメガ選手にはカナダで家族とともにゆっくり身体と心を休めてもらい、本人がまた闘う準備が整ったら新日本プロレスに復帰してくれることを願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ケニー・オメガのWWE移籍の噂はなぜここまで広がったのか【新日本プロレス・2017年1月】」への2件のフィードバック

    1. オメガ選手が新日本プロレスに残ればいつかは対戦すると思います。
      むしろそれこそが現在のオメガ選手が新日本プロレスに参戦するモチベーションなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA