中邑真輔が「キャリアが終わった」と思った瞬間&新日本プロレス復帰の噂【WWE・2018年8月】

WWE・スマックダウンライブ・中邑真輔選手のサマースラム2018直前のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

2018年8月19日、サマースラム2018で中邑真輔選手はUS王座を防衛。

関連:WWE 2018.8.19 サマースラム2018 試合結果・PART2【WWE王座戦~ユニバーサル王座戦】

中邑真輔選手はサマースラムウィークのインタビューで、昨年ジョン・シナ選手をリバースパワースラムで首から落としてしまった件について語りました。

関連:中邑真輔がジョン・シナに勝利!WWE王座挑戦権獲得!【WWE スマックダウン・ライブ 2017.8.1】

―ジョン・シナ戦後のバックステージについて。
言ってもいいかどうか分からないな、秘密なことだから。バックステージには取り乱している人もいた、ジョン・シナではない、”ある人”がね。『なんであんなことをしたんだ!』って、俺に対してすごく怒っていて、『俺のキャリアは今日で終わったな…』って思ったよ。だけど周りのみんなが俺のことをサポートしてくれて、ジョン・シナも『彼の責任じゃない、俺の責任だよ』って言ってくれて。素晴らしい男だよ、レジェンドだね。

中邑真輔選手が怒られてキャリアが終わったと思う人物といえば、ビンス・マクマホン会長しかいませんね。

今こうしてUS王者として活躍しているもジョン・シナ選手のおかげかもしれません。

また別のインタビューでは新日本プロレス復帰に関する噂に回答。

中邑真輔選手は2019年4月にWWEとの契約が終了するが、新日本プロレスからのコンタクトはないとのこと。

契約更新はコッチ(お金)次第とをジョークを交えていますが、来年以降もWWEで活躍することになりそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA