WWE 2018.7.15 エクストリームルールズ2018 試合結果・PART2【レインズ対ラシュリー~IC王座戦】

WWE・RAW & SmackDown LIVE・2018年7月15日(日本時間7月16日)・エクストリームルールズ2018( Extreme Rules 2018 )の試合結果・PART2、動画まとめ!

関連:WWE 2018.7.15 エクストリームルールズ2018の対戦カード

エクストリームルールズ2018の試合結果・PART1はコチラ!

スポンサーリンク

シングルマッチ

× ロマン・
レインズ

vs
〇 ボビー・
ラシュリー
スピアー

ボビー・ラシュリー選手がスピアーで勝利!

RAW女子王座戦・エクストリームルールズ戦

〇[王者]
アレクサ・ブリス
DDT

vs
× ナイア・
ジャックス

客席の最前列には謹慎中のロンダ・ラウジー選手。

セコンドのナタリア選手が攻撃を受けると、ロンダ・ラウジー選手が救出。

いちどはミッキー・ジェームス選手を排除するも、アレクサ・ブリス選手とミッキー・ジェームス選手に返り討ちにされてしまう。

リング上は2対1になり、最後はアレクサ・ブリス選手がイス攻撃からのDDTで勝利!

アレクサ・ブリス選手がRAW女子王座防衛!

WWE王座戦

〇[王者]
AJスタイルズ
フェノメナル
フォアアーム

vs

× ルセフ

AJスタイルズ選手がフェノメナルフォアアームで勝利、WWE王座防衛!

インターコンチネンタル王座戦・30分アイアンマンマッチ

〇[王者]
ドルフ・ジグラー
vs× セス・
ロリンズ

セス・ロリンズ選手がラ・マヒストラルで3カウント、0-1。

セス・ロリンズ選手がストンプで3カウント、0-2。

ドリュー・マッキンタイア選手が乱入、セス・ロリンズ選手が反則裁定で1本、0-3。

その後もドリュー・マッキンタイア選手は攻撃を続け、クレイモアでノックアウト!

するとドルフ・ジグラー選手が復活、そのままフォールして3カウント、1-3。

立て続けにドルフ・ジグラー選手がスーパーキックで3カウント、2-3。

さらにドルフ・ジグラー選手がジグザクで3カウント、3-3。

セス・ロリンズ選手のトペをドルフ・ジグラー選手がナックルで叩き落とし、ロープを利用したフォールで3カウント、4-3。

セス・ロリンズ選手がシーソーホイップでコーナーに顔面から叩きつけ、そのままフォールで3カウント、4-4。

セス・ロリンズ選手がスーパーキックからストンプを決めるも、フォールに入ったと同時に30分経過。

4-4で引き分けのため、ドルフ・ジグラー選手がインターコンチネンタル王座防衛!

するとカート・アングルGMが登場、試合続行を宣言。

そこにドリュー・マッキンタイア選手が現れると、セス・ロリンズ選手が排除。

その隙にドルフ・ジグラー選手がジグザクを決めて勝利!

今度こそドルフ・ジグラー選手がインターコンチネンタル王座防衛!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA