内藤哲也「ケニー・オメガ選手、あなたそろそろ焦った方がいいぜ」、海野の英国遠征の意気込み、オカダ&YOSHI-HASHI&後藤でNEVER6人タッグ?【新日本プロレス・2018.6.24】

新日本プロレス・2018年6月24日・キズナロード2018( KIZUNA ROAD 2018 )・岩手県営体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

海野翔太

海野「今日も負けた、クソッ!残りはイギリス。必ず答えを見せる。必ず結果を出す。永田裕志、お前をどうしても超えたいんだ。ここ超えなきゃ、次、始まんないんだ。すべての思いを懸けて、絶対に勝ってやる

来週のイギリス遠征にヤングライオンとして唯一参戦する海野翔太選手。

関連:RPW・ストロングスタイルイボルブドUKの対戦カードが決定!【新日本プロレス・2018年6月&7月】

二日目には永田裕志選手とシングルマッチで対戦。

異国の地で普段とは一味違う姿を見せつけてもらいたい。

後藤洋央紀

後藤「サンフランシスコでのタイトルマッチ!それももちろん大事なんですけどね。今シリーズ、このメンバーで何度か闘って来て、ジェイはまだ若干俺たちに対して溝があるようだが、オカダ、YOSHI-HASHI、後藤、俺たちならNEVER 6人タッグのベルトも十分狙えるんじゃないかと思ってます。やはり安定感が違いますね。俺たちの連携、見てもらえばわかるでしょ?

現NEVER無差別級王者の後藤洋央紀選手が、CHAOSのヘビー級メンバーとともにNEVER無差別級6人タッグマ王座挑戦に興味。

しかし現6人タッグ王者組のヤングバックス(もうひとりはマーティー・スカル選手)はIWGPタッグ王座も保持しているため、ビッグマッチのみのスポット参戦では、なかなかタイトルマッチが組みにくい状況。

後藤洋央紀選手がNEVER二冠王に輝くチャンスは訪れるのか。

ヤングバックスとマーティー・スカル選手が揃って来日する日を待ちましょう。

内藤哲也

それから、IWGPヘビー級チャンピオンになって、『日本人は楽をしている』と発言していた選手がいたよね。後楽園ホールでも言ったけど、どの口がそんなこと言ってんだよ。今日、会場を見てみてよ。IWGPヘビー級チャンピオンがいなくても、これだけのお客様がプロレスを楽しんでいるわけですよ。入る隙間、もうないんじゃない?ではでは皆様、俺とヒロムはフロリダですね。

昨日24日・岩手大会でキズナロード2018は終了。

シリーズを終えた内藤哲也選手は、IWGPヘビー級新王者に輝いたばかりのケニー・オメガ選手が巡業に参加していないことについて改めて言及。

そんな二人は29日にフロリダで開催される格闘ゲームイベントCEO で対戦予定。

巡業を終えたばかりの内藤哲也選手ですが、日本人選手というのは、やはり『楽な試合をしてるんじゃないか』と思うという発言をしたケニー・オメガ選手に対して、どんな試合を見せるのか注目。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA