BUSHI「マスクマンとしてのテーマ」、SHO「ずっと前から言いたかったこと」、KUSHIDAの意気込み、デスペ「どうしても欲しいもの」【新日本プロレス・2018.5.22】

新日本プロレス・2018年5月22日・ベストオブザスーパージュニア25・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.5.22・ベストオブザスーパージュニア25・後楽園【第2試合まで無料】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

BUSHI

BUSHI「実はさ、この『BEST OF THE SUPER Jr.』のAブロックが発表されて、今2番目に楽しみにしている男がいるんだよ。それはタイガーマスク。俺の記憶違いだったらあれなんだけどさ、過去に1回のタッグマッチ、そしてシングルマッチ、それぞれたった1回ずつしかタイガーマスクに勝ってないんだ。別に俺はそれでタイガーマスクを超えたなんてこれっぽっちも思ってないよ。本人だって過去の栄光にはすがらないって言ってんだ。だったら、恥ずかしくて言えないよね。俺の新日本プロレス、マスクマンとしての……なんだろうな?永遠のテーマ、ライガー、タイガーを超えるマスクマンはBUSHI。新日本プロレスのマスクマンはBUSHIって言われることが俺のマスクマンとしての最大の永遠のテーマだと思っているから。だからこそ、次の公式戦、『BEST OF THE SUPER Jr.』大津での公式戦、俺が引導を渡してやるからな。楽しみにしとけよ。エンセリオ!マ・ジ・で!

BUSHI選手が、明日24日・滋賀大会のAブロック公式戦で対戦するタイガーマスク選手に対して俺が引導を渡してやるとコメント。

本隊時代から掲げている獣神サンダー・ライガー、タイガーマスクを超えるマスクマンになるという目標は今も変わらず。

SHO

SHO「この勝利……この勝利の価値はリーグ戦の勝ち点2、そんなちっちぇえものじゃねえ!セイビンからの勝利!シングルでセイビンからの勝利だよ!勝ち点2、そんなちっぽけなものよりも価値のある勝利だ。公式戦、2日連続でBブロック最初だよ。そんなの関係ねえよ。俺はメイン食ってやるつもりでやってんだよ。あとのことなんか関係ねえよ。それがなぜできるのかって?メインイベンターの2人ならそれを超える試合をしてくれるっていうことを信じているから。俺は思いっきり試合できんだよ。思いっきり闘えんだよ。この公式戦、今決まっている試合は俺はメインイベント0試合だよ。メインはねえんだよ。でも、優勝決定戦、まだメインイベント決まってねえだろう?奇跡を起こしてやる。そして最後にマイクで俺がずっと前から!ずっと前から!言いたかったことを言ってやるよ。そのためにも俺は『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝しなきゃいけねえんだよ!

どうやらSHO選手にはずっと前から!言いたかったことがあるらしい。

それを言うために、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25に優勝しなければならないということは、軽々しく明かせる内容ではなそさそうです。

SHO選手がずっと前から行動を共にしている人物といえばYOH(元:小松洋平)選手。

となると、ずっと前から言いたかったことはYOH選手に対することか?

KUSHIDA

KUSHIDA「(※指を押さえながら)考えといたコメントなんて出せないっすね。これだけのもの……マーティ・スカルおそるべし。おそるべし。やっと1勝目。やっと1勝目。Aブロックの公式戦も、全部見てますよ。オスプレイの充実ぶり、ACHの躍動感。Bブロックだってもちろん、SHOがあんなに盛り上げてたから、ふざけんな、負けてらんねぇと。なかなか後楽園の中日ってのは席が埋まんなくて。KUSHIDA vsボビー・フィッシュ、KUSHIDA vsアレックス・コズロフやったこともあった。だけどようやく完売になって、さらにもう一丁、ここから地方都市。全部タイトルマッチ級、決勝戦級の試合をする所存です。2連覇、もう一回俺は、あの決勝戦の空気を味わいたい!

前年度優勝者のKUSHIDA選手が初白星!

これまでベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで2連覇を達成したのはタイガーマスク選手(2004&2005年)のみ。

史上二人目となる2連覇に向けて、残りの公式戦もタイトルマッチ級、決勝戦級の試合を期待!

エル・デスペラード

デスペラード「ああ、バケモンだな、ありゃ。昨日も言っただろ?逃げも隠れもしない。それはなんでかわかるか?チャンピオンだもん。負けねえよ。このリーグ戦はシングルだけど、タッグのベルトは見栄えのために持ってきたから本当は意味はねえ。まあ、でもこいつらのおかげで助かった。やっぱり離せないな、こいつら。だが、どうしても欲しいものがある。優勝しただけじゃ手に入らないからな。でも、優勝すれば必ずその道が開けるはずだ。KUSHIDAとヒロムとマーティー・スカルもなんか似たようなことを言っていたな?ええと、ジュニアの誇り?てっぺんに上げる?おお、がんばって上げてくれ。お前たちが押し上げてくれたそのステージの中で俺は一番をもらうよ。俺がそのステージに上がるんじゃない。お前たちが押し上げてくれるんだ。ありがとう。助かるよ。愛してるぞ、お前ら。俺のために働いてくれ

エル・デスペラード選手がどうしても欲しいものとは?

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに優勝すれば必ずその道が開けるものといえば、新日本プロレスのジュニアヘビー級で一番の証であるIWGPジュニアヘビー級王座のベルト。

KUSHIDA選手のように優勝した場合はG1クライマックス出場を希望する選手もいますが、もしエル・デスペラード選手が優勝した場合は、6月9日・大阪大会でのジュニアヘビー級王座挑戦となりそうです。

またエル・デスペラード選手は現ジュニアタッグ王者でもあり、ジュニアヘビー&ジュニアタッグの2冠王者となる可能性もあり。

BOSJ優勝&シングル・タッグ2冠という、文字通りジュニアヘビー級のステージの中で」「一番の存在となることが出来るのか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA