《動画追加》レッスルマニア34まで残り2週間!アスカが30秒殺!シナ対ケインのノーDQ戦!【WWE・RAW・2018.3.26】

WWE・RAW・2018年3月26日(日本時間2018年3月27日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

先週のRAWはコチラ!

ブロック・レスナー

まずはユニバーサル王者のブロック・レスナー選手が登場!

そしてポール・ヘイマンが発表、ロマン・レインズの謹慎は解かれた。心に傷を負った奴らはみんな、私がロマン・レインズの曲に邪魔され、ロマン・レインズが闘いにやってくると思っているんだろ。教えてやろう、ロマン・レインズは今夜ここにはいない、さらに彼は宣伝されていなくても、毎週やって来ると言っていた。ロマン・レインズは宣伝されているにもかかわらず、ここにいない。レッスルマニアまで残り2週間だというのにと挑発。

すると観客席からロマン・レインズ選手が登場、イスを持ってブロック・レスナー選手に向かっていくも返り討ちにされてしまう。

しかしコーナーポストに激突させて逆転、ロマン・レインズ選手がイス攻撃。

そしてスーパーマンパンチを狙うと、キャッチしたブロック・レスナー選手がそのままスープレックス!

今度はブロック・レスナー選手がリング上でスチール階段を叩きつけ、さらにイス攻撃を連打。

そしてとどめのスチール階段上へのF5を決めて、ユニバーサル王座のベルトを掲げてレッスルマニアサインを指差す!

ミッキー vs ナイア

× ミッキー・
ジェームス

vs
〇 ナイア・
ジャックス
サモアンドロップ

ナイア・ジャックス選手がサモアンドロップで勝利!

試合後にアレクサ・ブリス選手が救出のためナイア・ジャックス選手を攻撃するも効果なし、アレクサ・ブリス選手はリングから逃げ去っていく。

205 Live タッグマッチ

セドリック・
アレキサンダー
 

vs

ドリュー・
グラック
〇 ムスタファ・
アリ
054

× TJパーキンス

レッスルマニア34でクルーザー級王座をかけて対戦するセドリック・アレキサンダー選手とムスタファ・アリ選手がタッグを結成。

セドリック・アレキサンダー選手がランバーチェックを決めるも、直前にタッチしていたムスタファ・アリ選手が054(リバース450°スプラッシュ)を決めて勝利!

ミズTV

今夜のミズTVのゲストは、レッスルマニア34のインターコンチネンタル王座戦で対戦するセス・ロリンズ選手とフィン・ベイラー選手。

ミズ選手がこの2週間、お前たちのせいで俺はマットに伏せることになってしまったとミズトラージを批判。

口論になっているところにセス・ロリンズ選手が登場、普段はミズTVのファンではないが、これは面白い、そして彼らがいなければ、お前はインターコンチネンタル王者になれなかっただろと挑発。

ミズ選手がミズトラージは俺が彼らに感謝していると理解していると反論すると、ボー・ダラス選手はお前は自分では闘えない偽物の有名人だと言ってしまう。

そこにフィン・ベイラー選手も加わり、ボー・ダラスがズは今まで会った人のなかで最も間抜けなヤツだと言っていたぞと煽る。

ミズ選手は重要なのはインターコンチネンタル王座だと話すなかで、カート・ヘニング(カーティス・アクセル選手の父)を貶めてしまう。

そしてミズTVはキャンセルだと言って去ろうとするも、ミズトラージがブロックするが、これは作戦通り、ミズトラージは一転してセス・ロリンズ選手とフィン・ベイラー選手を襲撃。

するとルーク・ギャローズ選手とカール・アンダーソン選手が救出に登場、ミズトラージを追い払う。

最後はミズ選手がリング上から排除されると、フィン・ベイラー選手がランニングフォアアームでセス・ロリンズ選手を倒して、インターコンチネンタル王座のベルトを手にしてアピール!

アスカ vs ジェイミー・フロスト

〇 アスカ
ハイキック
vs× ジェイミー・
フロスト

アスカ選手がハイキックで勝利、30秒殺!

サーシャ・バンクス&ベイリー

相変わらず険悪なサーシャ・バンクス選手とベイリー選手。

ロッカールームでの会話がヒートアップして乱闘に発展してしまい、スタッフがなんとか引きはがす。

ストローマン vs シェイマス

〇 ブラウン・
ストローマン
パワースラム

vs

× シェイマス

試合開始前にシェイマス選手がレッスルマニア34のRAWタッグ王座戦のタッグパートナーについて尋ねると、ブラウン・ストローマン選手は俺のタッグパートナーを教えてやろう、このリングに入って俺に勝ったらなと答える。

ブラウン・ストローマン選手がパワースラムで勝利!

ロンダ・ラウジー

まずはカート・アングルGMが登場、レッスルマニア34でタッグを組むロンダ・ラウジー選手を呼び込む。

ロンダ・ラウジー選手がここまでの道のりは簡単ではなかった、全てを手にするためにここにやって来たと意気込みを話すと、そこにアブソリューションが登場。

ペイジ選手がアブソリューションに勧誘、だがロンダ・ラウジー選手が拒否。

するとマンディ・ローズ選手とソーニャ・デヴィル選手が詰め寄るが、ロンダ・ラウジー選手が返り討ち!

アンギャロ vs ミズトラージ

〇 ルーク・
ギャローズ
マジックキラー
 

vs

ボー・ダラス
カール・
アンダーソン
× カーティス・
アクセル

ルーク・ギャローズ選手&カール・アンダーソン選手がマジックキラーで勝利!

シングルマッチ

〇 イライアス
ドリフトアウェイ
vs× ライノ

イライアス選手がドリフトアウェイで勝利!

試合後、イライアス選手はセコンドのヒース・スレーター選手にもドリフトアウェイ!

ノーDQマッチ

〇 ジョン・シナ
AA
vs× ケイン

ジョン・シナ選手がテーブルへのアティテュード・アジャストメントで勝利!

試合後にジョン・シナ選手は「この試合はノールールだ、どんな事が起きても、誰がいてもよかったんだ。お前はどこにいるん。アンダーテイカー!?、そして来週こそリングでお前に会えることを期待しているよと言って、今週のRAWは終了!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA