コーディ「バレットクラブに入るべきじゃなかったのかも」、タマ・トンガ「お前は不要な存在」【新日本プロレス・2018.3.25】

新日本プロレス・2018年3月25日・ストロングスタイルイボルブド・ロサンゼルス大会のCody選手&タマ・トンガ選手のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.3.25 ストロングスタイルイボルブド・ロサンゼルス大会

Cody

―いま、BULLET CLUBはどうなっているのか?
Cody「俺がBULLET CLUBを修復する。BULLET CLUBは大丈夫だ。『Super Card of Honor』もあるし。こんな事になってしまって、お詫びをしたい。でも、いざこざがあるのはケニーと俺だ。大丈夫
――BULLET CLUB is fineと言ってるが、ケニーとはこのあとまた元通りになるか?
Cody「ジム・ロスも言ってたが、そもそも俺はBULLET CLUBに入るべきじゃなかったのかもしれない。ユニットに入る事で学ぶことも多い。しかし、俺はカウボーイ、ロード・ウォーリアーだ。ユニットに入って落ち着く性分ではない

バレットクラブの同門対決を制したCody選手、バックステージで改めて俺がBULLET CLUBを修復するとバレットクラブのリーダーとしてコメント。

しかし俺はBULLET CLUBに入るべきじゃなかったのかもしれないと、バレットクラブ離脱を匂わすコメントも残しました。

もしCody選手が、来月4月7日(日本時間4月8日)に行われるケニー・オメガ選手との一騎打ちで敗れたら…

関連:ROH 2018.4.7 スーパーカード・オブ・オナー7の対戦カード

どちらかがバレットクラブから去ることになってしまうのか、ますますスーパーカード・オブ・オナー7が見逃せなくなりました。

タマ・トンガ

タマ「『俺たちは友達だ』みたいなことを言ってたけど、お前は何様だ。いきなりBULLET CLUBに入って、自分中心に指図しまくって、お前なんか不必要だ。自分が俺のことを全てわかったような口をきくのはもうやめろ。リーダーだと思ってんなら、一人でやっておけ。でも、もといた場所でも自分が不必要だと分かったから、ここに来たんだろ。ただ、新しく来たこのBULLET CLUBでもお前は不要な存在だ

これまでジ・エリートの揉め事に関して沈黙を貫いてきたバレットクラブのオリジナルメンバーであるタマ・トンガ選手がお前は不要な存在だと、Cody選手はバレットクラブに不要であると明言。

かつてのAJスタイルズ選手のように、再びバレットクラブで追放劇が起きるのか?

そしてCody選手とケニー・オメガ選手の一騎打ちの前に、4月1日・両国国技館大会でオリジナルメンバーに動きがあるのか。

関連:新日本プロレス・2018.4.1・サクラジェネシス2018・両国大会の一部対戦カード決定!

全対戦カードの発表をお楽しみに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA