後藤洋央紀「イービル徐霊マッチ!」、鈴木軍から見たロッポンギ3K【新日本プロレス・2018.1.31】

新日本プロレス・2018年1月31日・Road to THE NEW BEGINNING・北上総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

鈴木軍

デスペラード「喜んで任せられるよ。とりあえず、俺らの目の前にいるあのチビ2人。(海外から)帰って来て、なんかピカピカ、キラキラしてっから、なんか勘違いしてんな。勢いがある?若さ?タイチのこと(持ち)上げようとして腰が痛いだと?そんなんでよくリングに上がって来たな?タッグワークも満足にできねえ。試合やってみたら、すぐ痛えだなんだ言って。そんなんが、俺たちの前、立ってんじゃねえ。俺たちはもう1人いるチビ(ロメロ)もまとめて潰してやるよ。よく見てろ

エル・デスペラード選手がIWGPジュニアタッグ王者のロッポンギ3Kを酷評。

ヤングバックスとのタイトルマッチで痛めた腰がまだ厳しい状態なのか、鈴木軍にウィークポイントをさらす結果になってしまったことが、今後の抗争に影響を与えるかもしれません。

また試合では敗れたTAKAみちのく選手も、ロッポンギ3Kの実力をまだ完全には認めていない様子。

IWGPジュニアタッグ王座を巡る闘いはまだまだ続く。

後藤洋央紀

後藤「今回のシリーズ、NEVERと(IWGP)タッグのタイトルマッチという大きなテーマがありますが、昨夜、俺の中でもうひとつ新たなテーマを見つけました。あいつ(EVIL)にとりついている悪い悪霊を祓いたい!それは毎日増え続けてる。“イービル徐霊マッチ”!!成功すれば奴はきっとプレミアムな男になれるはずだ

2月10日・大阪大会でNEVER無差別王座に挑戦する後藤洋央紀選手が、イービル徐霊マッチという新たなテーマを設定。

ちなみにプレミアムな男とは、渡辺高章選手が海外遠征時代に頻繁に口にしていた言葉。

果たして後藤洋央紀選手は、キング・オブ・ダークネスと化したEVIL選手を、かつて目指していたプレミアムな姿に戻すことが出来るのか。

だが仮に徐霊が出来たとしてどうなるのか…というのは野暮かな?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA