《動画追加》中邑真輔&ランディ・オートン&AJスタイルズが変則ハンディキャップマッチに勝利!【WWE・スマックダウンライブ 2018.1.9】

WWE・SmackDown LIVE・2018年1月9日(日本時間2018年1月10日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

先週のスマックダウンライブはコチラ!

AJスタイルズ

ロイヤルランブル2018でダニエル・ブライアンGMの判断によりWWE王座戦・ハンディキャップマッチが決定したAJスタイルズ選手が登場、公平な決定だとは思わない。人生と同じだ。サミ・ゼインとケビン・オーエンズがノンタイトルマッチで俺に勝利した、そして俺はあのバカふたりにタイトルを奪わせるわけにはいかない。

そこにサミ・ゼイン選手とともにケビン・オーエンズ選手が登場、お前が1対2で俺たちを倒すなんて奇跡だ。お前がハンディキャップマッチに勝つ可能性はない。ロイヤルランブルで俺たちは史上初の共同WWE王者になる。

そこにシェイン・マクマホンが登場、ハンディキャップマッチでの防衛戦はフェアか?俺はそうは思わない。なぜダニエル・ブライアンがこんな試合を組んだのか混乱している。どうしてGMがふたりにWWE王者になる新たなチャンスを与えるのか、そしてハンディキャップマッチについて話していたよな、今夜ここでやるのはどうだ?サミ・ゼイン&ケビン・オーエンズ対中邑真輔&ランディ・オートン&AJスタイルズだ!

ベッキーvsライオット

〇 ベッキー・リンチ
ディスアーマー
vs× ルビー・
ライオット

ベッキー・リンチ選手が女子ロイヤルランブル戦エントリー表明!

そしてベッキー・リンチ選手がディスアーマーで勝利!

アセンションvsブラジオン・ブラザーズ

コナーvs〇 ハーパー
合体パワーボム
× ビクターローワン

ブラジオン・ブラザーズが合体パワーボムで勝利!

試合後、ブラジオン・ブラザーズがダブルクルシフィクスボムでコナー選手もノックアウト!

スポンサーリンク

US王者決定トーナメント・1回戦


× ザック・ライダー

vs
〇 モジョ・
ローリー
ランニング
フォアアーム

モジョ・ローリー選手がランニングフォアアームで勝利、準決勝進出!

準決勝はモジョ・ローリー選手vsボビー・ルード選手、そしてジンダー・マハル選手vsエグゼビア・ウッズ選手に決定!

ベンジャミン&ゲイブル

先週の放送で一度はスマックダウンタッグ王座を手にしながらも、再試合でタイトルを獲得出来なかったシェルトン・ベンジャミン選手&チャド・ゲイブル選手が登場。

ダニエル・ブライアンGMに対して不満をぶつけると、チャド・ゲイブル選手が一晩で2回も倒せとでも言うのか?と言うと、ダニエル・ブライアンGMがそれだ!と言って、ロイヤルランブル2018でのスマックダウンタッグ王座戦・3本勝負を決定!

ルセフ&イングリッシュvsブリーザンゴ

× ルセフvsタイラー・ブリーズ
エイデン・
イングリッシュ
〇 ファンダンゴ
スクールボーイ

ファンダンゴ選手がスクールボーイで勝利!

ハンディキャップマッチ

AJスタイルズvs× サミ・ゼイン
〇 ランディ・
オートン
RKO

ケビン・オーエンズ
中邑真輔

試合途中、ケビン・オーエンズ選手とサミ・ゼイン選手が帰ろうとしてレフェリーが場外カウントを始めるが、シェイン・マクマホンが現れ、場外カウントなしにルール変更。

するとケビン・オーエンズ選手がイス攻撃により反則裁定となるが、再びシェイン・マクマホンがノーDQ(反則裁定なし)にルール変更。

AJスタイルズ選手からイス攻撃を受けたケビン・オーエンズ選手がバックステージに逃げると、AJスタイルズ選手も追っていき、実質1対2の状況へ。

最後は中邑真輔選手のキンシャサからランディ・オートン選手がRKOで勝利!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA