2018年最初のディファイアントレスリング【ディファイアントレスリング #4】

今週のDefiant #4は、IPW勢が対ディファイアントレスリングを宣言!

スポンサーリンク

先週のディファイアントレスリングはコチラ!

#4 全試合動画

IPW

先週ディファイアントレスリングを襲撃したIPW勢が再び登場し、改めて宣戦布告!

シングルマッチ

〇 リアム・
スレーター
ダイビングヘッド
バット

vs

× ガブリエル・

キッド

女子3WAYマッチ


ミリー・

マッケンジー

vs
〇 ザイヤ・
ブルックサイド
ファンタスティック
フリップ
× リトル・ミス・
ロキシー

スターダムでも活躍するザイヤ・ブルックサイド選手が勝利!

シングルマッチ

〇 クリス・
ブルックス
スクールボーイ

vs
× デイビッド・
スター

デイビッド・スター選手のセコンドに付いたエル・リゲロ選手の介入を利用して、クリス・ブルックス選手が丸め込んで勝利!

試合後、プレスティージから攻撃を受けるも、CCKのトラビス・バンクス選手が救出に登場。

その後、ジョー・コフィ選手が現れ、ステュアート・ベネットGMからマッチメイクの権利を与えられたと伝える。

そしてジョー・コフィ選手とプレスティージのハンディキャップマッチ、さらにトラビス・バンクス選手とオースチン・エリーズ選手のディファイアント王座戦を決定!

ディファイアント・ハードコア王座戦

〇 プライメイト
ハーフネルソン
チョーク

vs
× クリス・
リッジウェイ

プライメイト選手がIPWのクリス・リッジウェイ選手を退け、王座防衛!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA