新日本プロレス 試合結果 2017.10.9 キング・オブ・プロレスリング 両国【第2試合まで無料】

新日本プロレス・2017年10月9日・KING OF PRO-WRESTLING・両国国技館大会の試合結果、動画のまとめ!

スポンサーリンク

第2試合までYoutubeで無料配信中!

第1試合

× バッドラック・
ファレ
vsSANADA
高橋裕二郎〇 BUSHI
横入り式エビ固め
レオ・トンガ高橋ヒロム

髙橋ダリルを引き裂いたバッドラック・ファレ選手に高橋ヒロム選手が奇襲!

バッドラック・ファレ選手がバッドラックフォールを狙うと、高橋ヒロム選手がダリルとともにリングイン。

隙を見せたバッドラック・ファレ選手に対して、BUSHI選手が毒霧からの横入り式エビ固めで勝利!

第2試合

後藤洋央紀vs× 鈴木みのる
〇 矢野通
リングアウト
ザック・セイバーJr

鈴木みのる選手がリング下からロープを取り出して矢野通選手に巻き付ける。

場外カウントが始まると、矢野通選手が急所蹴り、鈴木みのる選手はリング下に倒れ、リングに戻った矢野通選手がリングアウトで勝利!

試合後、矢野通選手はNEVER無差別級王座のベルトを奪ってバックステージに、鈴木みのる選手はイスでヤングライオンを殴りつけ、イスを持ったままバックステージへ…

第3試合・IWGPジュニアタッグ王座戦

[王者組]田口隆祐vsSHO

× リコシェ
〇 YOH
合体フェイス
バスター

スモークの中から登場したのは金髪のSHO(田中翔)選手と赤メッシュのYOH(小松洋平)選手!

SHO選手のフラップジャックとYOH選手のコンプリートショットの3K(合体フェイスバスター)で勝利、王座移動!

ロッポンギ3KがIWGPジュニアタッグ王座初戴冠!

スポンサーリンク

第4試合・IWGPタッグ王座戦・3WAYトルネードイリミネーションマッチ

〇[王者組]
ランス・アーチャー
キラーボム

vs

レイモンド・ロウ
デイビーボーイ・
スミスJr.
× ハンソン
vsタマ・トンガ
× タンガ・ロア

K.E.S.(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.)がタンガ・ロア選手にキラーボムを決めて勝利、G.O.D.(タマ・トンガ&タンガ・ロア)が失格!

K.E.S.がハンソン選手をテーブル上にキラーボムを決めて勝利、王座防衛!

第5試合

YOSHI-HASHIvsケニー・オメガ
バレッタCody

× 邪道
 〇 マーティー・
スカル
クロスフェイス・
チキンウィング

邪道選手がクロスフェイス・オブ・JADOを決めると、マーティー・スカル選手が抜け出してクロスフェイス・チキンウィングで勝利!

第6試合

棚橋弘至vs飯伏幸太

× 真壁刀義
〇 ジュース・
ロビンソン
パルプフリクション

真壁刀義選手がラリアットを狙うがかわされて、ジュース・ロビンソン選手がナックルからパルプフリクションで勝利!

第7試合・IWGPジュニアヘビー級王座戦


×[王者]KUSHIDA

vs
〇 ウィル・
オスプレイ
オスカッター

KUSHIDA選手がホバーボードロックを狙うと、ウィル・オスプレイ選手がダイヤモンド・カッター!

そして正調オスカッターで勝利、王座移動!

ウィル・オスプレイ選手がIWGPジュニアヘビー級王座初戴冠!

試合後、高橋ヒロム選手が登場してマイクを握ると、マーティー・スカル選手も現れて指折り!

高橋ヒロム選手が痛みで悶絶するなか、マーティー・スカル選手がIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦表明!

ウィル・オスプレイ選手がベルトを掲げて応え、二人がリングから去ると、高橋ヒロム選手はリング上で駄々をこねて、狂ったように笑いながらバックステージへ…

スポンサーリンク

第8試合・東京ドーム IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

〇[権利証保持者]
内藤哲也
デスティーノ

vs

× 石井智宏

石井智宏選手が垂直落下式ブレーンバスターを狙うと、内藤哲也選手がランニングデスティーノから正調デスティーノで勝利、権利証防衛!

試合後、内藤哲也選手は倒れている石井智宏選手の口を手で塞いで起き上がらせようとするが、石井智宏選手は再び倒れこんでしまい、内藤哲也選手は唾を吐き捨てる。

メインイベント・IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]
オカダ・カズチカ
レインメーカー

vs

× EVIL

キング・オブ・ダークネス・EVIL選手は王の玉座に乗って入場!

オカダ・カズチカ選手がレインメーカーを狙うと、EVIL選手がEVILで切り返そうとするも、オカダ・カズチカ選手が旋回式ツームストーン・パイルドライバー!

オカダ・カズチカ選手がとどめのレインメーカーで勝利、王座防衛!

試合後、外道選手がIWGPヘビー級王座挑戦権利証保持者の内藤哲也選手を呼び込む。

内藤哲也選手が2018年1月4日、東京ドーム大会まで、トランキーロ、あっと言いかけたとろこで、オカダ・カズチカ選手が内藤さんと一言でマイクをやめさせると、会場からは大歓声と大ブーイング。

そしてもういいかな。話が長いんですよ。2018年1月4日、東京ドーム、楽しみにしてるよ。今日の主役は内藤さんじゃないんで、帰ってください、そして最後は2018年1月4日、東京ドームに、金の雨が降るぞー!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA