ジンダー・マハルが再びランディ・オートンをノックアウト【WWE スマックダウン・ライブ 2017.5.16】

WWE・SmackDown LIVE 2017.5.16(日本時間5月17日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

オープニング

クリス・ジェリコ選手に代わり、US王者のケビン・オーエンズ選手がハイライトリールのホストに。

AJスタイルズ選手が登場、この日曜日(バックラッシュ2017)、US王座戦でお前を倒してやる

そこに本来のゲストのジンダー・マハル選手が登場、バックラッシュでは先週のスマックダウン・ライブと同じことが起きる、そしてWWE王者になると宣言。

ケビン・オーエンズ選手に今夜お前はジンダーに負け、日曜は俺に負けると言われたAJスタイルズ選手がリングに入ると、ケビン・オーエンズ選手はリングアウト。

AJスタイルズ選手が日曜の夜は逃げられないぞ、だが今夜はお前だ、ジンダー、リングに入ってこいと言い、試合開始。

シングルマッチ

× AJスタイルズvs◯ ジンダー・マハル
コブラクラッチスラム

フェノメナル・フォアアームを狙うAJスタイルズ選手の膝裏に、ゲスト解説のケビン・オーエンズ選手がベルト攻撃。

立ち上がれないAJスタイルズ選手に対し、ジンダー・マハル選手がコブラクラッチスラムで勝利!

タッグマッチ

タイラー・ブリーズvsプリモ
◯ ファンダンゴ
ファルコンアロー
× エピコ

ファンダンゴ選手のファルコンアローで、ブリーザンゴがコロンズに勝利!

試合後、先週と同じくスマックダウン・タッグチーム王者のウーソズが登場、バックラッシュ2017の挑戦者チームを挑発。

スポンサーリンク

シングルマッチ

× ナオミvs◯ カーメラ
横入り式エビ固め

バックラッシュ2017で行われる女子6人タッグマッチの調印式で揉めたナオミ選手とカーメラ選手が対戦。

セコンドのナタリア選手、タミーナ選手が退場を命じられるも、場外でベッキー・リンチ選手、シャーロット・フレアー選手と乱闘に。

その隙にカーメラ選手が丸め込んで勝利!

ドルフ・ジグラー

バックラッシュ2017で中邑真輔選手と対戦するドルフ・ジグラー選手、俺には中邑真輔の誇大広告が理解できない」。

中邑選手はまだ何も成し遂げていないと強調し、過去の活躍の映像を流す。

そしてバックラッシュ2017で中邑選手を倒し、顔面に唾を吐いてやることが何よりもの喜びだとコメント。

シングルマッチ

◯ ランディ・オートン
RKO
vs× バロン・コービン

ランディ・オートン選手がRKOで勝利!

試合後にジンダー・マハル選手が登場、日曜日のバックラッシュで、お前のプライド、肉体、未来をぶち壊してやると言うと、背後からシン・ブラザーズが襲撃。

一度は返り討ちにするも、3対1で痛めつけられ、最後はコブラクラッチスラムを食らってしまう。

コブラクラッチスラムは「Khallas」=「カーラス」に名称変更のようです。

ジンダー・マハル選手がWWE王座のベルトを掲げ、タイトルマッチに向けて再び勢い付けた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA