モーターシティマシンガンズがタッグ王座獲得!グッドブラザーズ(アンダーソン&ギャローズ)、EC3登場!【インパクトレスリング・2020.7.21】

インパクトレスリング( IMPACT WRESTLING )・2020年7月21日(日本時間7月22日)放送分の試合結果、動画をご紹介!

7月14日・インパクトレスリングの試合結果はコチラ!

7月18日・スラミバーサリー2020の試合結果はコチラ!

Xディヴィジョン王座戦

〇[王者]
クリス・ベイ
カッター

vs
× ウィリー・
マック

クリス・ベイ選手がカッターで勝利、Xディヴィジョン王座防衛!

グッドブラザーズ

元WWEのグッドブラザーズ(カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ)が登場。

スラミバーサリーの成功は自分たちのおかげだと話して乾杯しようとすると、エース・オースチン選手&マッドマン・フルトン選手が現れる。

メインイベント終了後に襲撃してきたグッドブラザーズに謝罪を要求するが、リング上から投げ捨てられてしまう。

その後、駐車場でエース・オースチン選手&マッドマン・フルトン選手とグッドブラザーズが口論。

するとリノ・スカムが背後から襲撃するも、グッドブラザーズが再び撃退。

女子タッグマッチ

× キエラ・
ホーガン
 

vs

〇 ハヴォック
反則
ターシャ・
スティールズ
ネヴェア

ハヴォック選手がパイルドライバーを狙うと、ターシャ・スティールズ選手がイス攻撃で阻止して反則裁定。

しかし試合後、ネヴェア選手がパイプ椅子を奪って反撃。

そしてハヴォック選手は改めてパイルドライバー!

ライノ vs ヘルナンデス

〇 ライノ
ゴア
vs× ヘルナンデス

ライノ選手がゴアで勝利!

エディ・エドワーズ

新インパクト世界王者エディ・エドワーズ選手が登場。

俺はバックステージのレスラーたちが誇れるようなチャンピオンになりたい、挑戦したいヤツがいれば毎週タイトルマッチを行うと話す。

そこにエリック・ヤング選手が現れるが、友人のリッチ・スワン選手を手酷く扱ったヤツにその価値はないと拒否。

エディ・エドワーズ選手がトペを決めて乱闘になると、レフェリーたちが制止に入る。

TNA世界ヘビー級王座戦 / EC3

〇[王者]
ムース
ライツアウト

vs

× ファラ・バー

ムース選手がライツアウトで勝利、TNA世界ヘビー級王座防衛!

試合後、元WWEのEC3選手が背後からワンパーセンター(ヘッドロックドライバー)で襲撃!

インパクト世界タッグ王座戦 / モーターシティマシンガンズ


×[王者組]

ザ・ノース

vs
〇 MCMG
スモール
パッケージ
ホールド

アレックス・シェリー選手がシェルショックからボーダーシティストレッチを決めるが決着つかず。

しかし、ザ・ノースも合体技を連発して反撃。

ザ・ノース選手が合体スパインバスターを狙うと、クリス・セイビン選手がスモールパッケージホールドでイーサン・ペイジ選手を丸め込む。

ジョシュ・アレキサンダー選手がカットに入ろうとするも、アレックス・シェリー選手が阻止して3カウント!

モーターシティマシンガンズ(アレックス・シェリー&クリス・セイビン)がインパクト世界タッグ王座獲得!

7月28日・インパクトレスリングの試合結果はコチラ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA