新日本プロレス 2017.4.27 広島 試合後のコメント

新日本プロレス 2017.4.27 Road to レスリングどんたく 2017~安芸の国 戦国絵巻~広島グリーンアリーナ 小アリーナ大会の試合後のコメントから今後の動向をご紹介。

スポンサーリンク

各試合の詳細は新日本プロレス公式サイトより。

獣神サンダー・ライガー 僕は今年、今回限りで『BEST OF THE SUPER Jr.』を卒業します。
タイチ 1勝1敗だろ?さあ、決定戦(決着戦)やろうか。
棚橋弘至 なんか、新技があるって言ってたじゃない?
田口隆祐 “ああやってこう”です
鈴木みのる あれから、1月にこの新日本にきてからず~っと、この瞬間を待ってたんだよ。この瞬間をな。俺の手に、どれでもいいんだ、来るのを待ってた。そう、これで俺が手を挙げる権利を得たんだ。俺の話を聞く耳を、お前たちは義務的に持たなくてはいけない。さあ、どうする?さあ、どうする、ニュージャパン・プロレスよ?

ライガー最終章

昨年のIWGPジュニアヘビー級王座戦後、「ライガーはあと5年以内」という発言を残していたライガー選手。

残念ですが、ライガー最終章は着実に進んでいます。

今年が最後のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアとなる明言したライガー選手は、2001年大会以来16年ぶりの優勝を目指して闘います。

その勇姿を決して忘れぬよう、しかと目に焼き付けましょう!

IWGPジュニアタッグ

タイチ選手はリターンマッチを希望するも、ロッキー・ロメロ選手の照準はヤングバックスに向いている模様。

おそらく6月ドミニオン大阪城ホール大会は六本木ヴァイスvsヤングバックス。

今シリーズ中に金丸義信&タイチ組が結果を残せば、ジュニアタッグ恒例の3WAYマッチの可能性も。

スポンサーリンク

タグチジャパン

田口監督から棚橋選手へ新技伝授!

“ああやってこう”(技名ではない)する技らしい。

新技ではないのですが、ああ(パイルドライバーの体勢から脚で相手の両肩をロック)やって、こう(その態勢からフェースバスター)する技を再び見せてくれたら嬉しいです!

また昨日のバックステージのヨシタツ選手は、ジュース・ロビンソン選手とリコシェ選手の英語を通訳(意訳)する田口監督を正していました。

4.29 別府では昨日の目標達成を目指し、天下獲りバックドロップの復活に期待!

NEVER無差別級王座

遂に鈴木軍の手元にシングルのベルトがやって来ました!

ベルトを奪った方法はともかくとして、田中将斗選手から始まり、独特の世界観を築き上げてきたNEVER無差別級王座をどう操っていくのか本当に興味がある。

気に入らない相手は片っ端から、それこそデビューしたばかり海野翔太選手のようなヤングライオンでも、どんどん防衛戦を行ってもらいたい。

それが結果的にNEVER創設の本来の目的である若手育成にも繋がっていくはず。

オカダ・カズチカ選手や内藤哲也選手がキャリアを重ねた後、金本浩二選手との試合が印象に残っていると答えたように、若手時代に身をもって厳しさを教えられることはとても大切。

そうした役割を鈴木選手が果たしてくれたら、NEVER無差別級王座にまた新しい価値が加わると思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA