KUSHIDA襲撃事件!PCでキャメロン・グライムスとの抗争が勃発!【WWE・2019年12月】

WWE・パフォーマンスセンターでNXT・KUSHIDA選手キャメロン・グライムス選手の抗争が勃発!

2019年10月9日、KUSHIDA選手はNXT UK王者ウォルター選手とシングルマッチで対戦

得意のサクラバロック(ホバーボードロック)でチャンピオンを追い詰めるも、最後はリップコードラリアットで敗北。

そして残念なことにウォルター選手との激闘で左手骨折してしまい、約2カ月間の欠場に突入。

欠場期間中は家族と過ごして英気を養い、WWE・NXTにかける思いを再確認しました。

ボクは11歳の時に父親を亡くしました。良き父であることはとても重要なことなんです
15年間プロレスをしてきましたが、変化の時、自分を進化させるタイミングだと考えて、新日本プロレスを離れてWWEにやって来ました
2カ月前、NXTに来てから最大の試合でウォルターと闘いました。同じ日に、大型の台風が妻の地元・千葉県を襲いました。そしてボクはウォルターとの試合で手首を骨折してしまい、医師からは2カ月間の欠場だと伝えられました
2カ月間、とても長い時間を家族と過ごして、愛とは何かについて学びました
妻と子どもにより良い人生を送ってもらいたくてアメリカにやって来ました。ボクは自分のためだけに闘うのではありません、家族のために闘います

そして12月4日、KUSHIDA選手は復帰戦でキャメロン・グライムス選手に幸先よく勝利

この勢いのままトップ戦線に加わりたいところでしたが、12月10日、キャメロン・グライムス選手がパフォーマンスセンターでKUSHIDA選手を襲撃!

新日本プロレス時代にはありえない形で抗争が勃発。

この抗争を制して、来年2020年は是非ともタイトル戦線に絡んでもらいたいところ。

一方、キャメロン・グライムス選手も正念場。

ブレイクアウトトーナメント準優勝でタイトル挑戦のチャンスを逃すと、定期的にシングルマッチは組まれるものの、NXTのストーリーの中心には組み込まれない日々が続いています。

2020年への生き残りをかけた抗争はどちらに軍配が上がるのか、今週のNXTもお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA