アダム・コールとヤングバックスが仲間割れ、バレットクラブはどうなる?

ROH 2017.3.11 ROH15周年記念(15TH ANNIVERSARY)TV収録大会でBULLET CLUBのアダム・コール選手とヤングバックスが仲間割れをしてしまいました。

スポンサーリンク

仲間割れが起きた試合はスーパークリック(ヤングバックス&アダム・コール選手)vsジ・アディクション(クリストファー・ダニエルズ選手&フランキー・カザリアン選手)&ダルトン・キャッスル選手。

ちなみに先月BULLET CLUBに加入したフランキー・カザリアン選手は、前日の大会でBULLET CLUBを裏切り元パートナーのクリストファー・ダニエルズ選手のROH世界王座初戴冠を手助けし、元の鞘に戻りました。

試合結果はジ・アディクション&キャッスル組が勝利。

試合後の一幕。

アダム・コール選手がヤングバックスに対し「二人ともクビだ」とBULLET CLUB追放を宣言。

それに対しヤングバックスは「本当のバレットクラブのリーダーはケニー・オメガだ」と言い放ちリングを去ってしまう。

やはりアダム・コール選手は噂通り、ROHを退団しWWEに行ってしまうのが濃厚になってしまいました。

誰がリーダーなのかハッキリさせるために、ケニー・オメガ選手やCody選手との敗者追放マッチが最後の試合になるのでしょうか。

まだ何も確定してはいませんが、次の来日は新日本プロレス参戦ではなくWWE・NXT日本公演かもしれません。

今年の新日本プロレス・ROH合同興行でアダム・コールBAY・BAY!と会場で叫べた人は本当にラッキーですね。

現在のROHと新日本プロレスは、特にBULLET CLUBは、リング上の出来事がリンクしている部分があります。

この仲間割れが今後の新日本プロレスにも繋がっていくかもしれないので、頭のどこかに置いておきたいと思います。

《2017.3.16追記》

アダム・コール選手が謝罪の言葉を述べましたが、まだ続くようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA