新日本プロレス 2017.3.6以降の動向

新日本プロレス 2017.3.6 旗揚げ記念日 大田区総合体育館大会以降の動向についてまとめました!

スポンサーリンク

第3試合

IWGPジュニアタッグ王座を戴冠したタイチ選手の試合後コメント。

“”邪道外道よお、タカタイチ興行イン・ブルーフィールドだったらやってやるよ(笑)。待ってるぞ、バーカ!””

王者組はタカタイチ興行での防衛戦を希望も、次回のタカタイチ興行は未定。

第4試合

鈴木みのる選手のアシストを受け新RPWブリティッシュヘビー級王座に輝いたザック・セイバーJr選手、敗れた柴田勝頼選手試合後コメント。

“”言いたいことは1つだけ。今、シバタに、俺は簡単に勝った。俺の次の目的は、ゴトー。俺は柴田の友だち、ゴトーとやりたい。俺はゴトーとやる!””

ザック・セイバーJr選手が後藤洋央紀選手の保持するNEVER無差別級王座に挑戦表明。

鈴木軍 vs CHAOSの抗争が再び始まる予感。

またプロレスリング・ノア時代は敵対していた鈴木軍メンバーもザック・セイバーJr選手を歓迎。

鈴木軍がまたさらに厄介なユニットになってしまいました。

“”今、なんか、失ったものがベルトだけじゃない、そんな気分で……。去年から散々、イギリスに行って。ザックと試合をするたびに、感じるもの、通じ合うもの。闘った中で会話してる。勝手に俺の中で、ザックだけが、友と呼べる存在だと思ってたんですけど、それすらも失った。“”

傷心気味の柴田選手。

ニュージャパン・カップ1回戦の対戦相手である鈴木みのる選手戦に向け、さらに鬱憤のたまる展開になりました。

スポンサーリンク

第5試合

新IWGPタッグ王者に輝いた小島聡選手の試合後コメント。

“”こんな言い方していいのかわかんないけど、このベルト今回獲って、うれしいとか喜びとか、ありません。それはやっぱり本間のことがあるから。俺らはこのベルトを本間が帰ってくるまで守りたいと思ってる。“”

全日本プロレス時代、本間選手が小島選手の付き人を務めていた頃からの関係。

最高に似合っています、これだからプロレスはやめられないですね。

第6試合

BUSHI選手の試合後コメントで、以前触れた「Xデー」が明らかに。

“”遂に発表されたよ。プロジェクトが。『10 aniversario』。俺にとって目標だったものが、どんどん色んな形で実現していくよ。俺はまだまだ満足しているわけじゃないからね。この先、まだまだやりたいことはたくさんあるから。“”

デビュー10周年記念写真集の発売に続くサプライズに期待。

第7試合

田口隆祐選手からIWGPジュニアヘビー級王座を防衛した高橋ヒロム選手の試合後コメント。

“”KUSHIDA、いいよ、挑戦させてあげるよ。その代わりぃ!次、次ぃ!負けたら、おまえは終わりだぞぉ!わかるか、俺の言ってる意味がわかるかぁ? 次!KUSHIDA、俺の、俺のベルトに挑戦してきて、負けたらぁ…ホントに終わりだ!その覚悟があるなら、このベルトに挑戦してこい。””

KUSHIDA選手の挑戦を受諾。

しかしイッテンヨン以降、KUSHIDA選手は誰もが納得するような実績を残しているわけではないので、ここで我を突き通すからには相応のリスクが伴いそうですね。

ヒロム選手の「負けたら終わり」という言葉に、かつてオカダ・カズチカ選手が棚橋弘至選手をIWGPヘビー級戦線から追放した事を思い出す。

KUSHIDA選手の挑戦は嬉しいが、不安な気持ちがあるのも事実。

メインイベント

タイガーマスクW選手を退けたオカダ・カズチカ選手の試合後コメント。

“”――再戦については?
オカダ Wがその気があって、ここまでの闘いをして、それで終わりならそれでいいし、目指すものがあるなら、俺はその目指すもの持ってますので。目指してきてもいいんじゃないかなと思います””

IWGPヘビー級王座は誰もが目指しているものですから、きっとタイガーマスクW選手の中の人も目指しているでしょう。

この闘いの続きはそう遠くない未来でまた見れそうですね!

次はニュージャパン・カップ、優勝者はもちろん、公式戦以外で生まれる因縁にも注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA