WWE・2019.6.23・ストンピンググラウンズ2019・試合結果・PART2【SD女子王座戦~ユニバーサル王座戦】

WWE・RAW & SmackDown LIVE ・2019年6月23日(日本時間6月24日)・ストンピンググラウンズ2019( Stomping Grounds 2019 )の試合結果・PART2、動画まとめ!

関連:WWE・2019.6.23・ストンピンググラウンズ2019の対戦カード

6月23日・スストンピンググラウンズ2019の試合結果・PART1はコチラ!

スマックダウン女子王座戦

〇[王者]
ベイリー
ベイリー・
トゥ・ベリー

vs

× アレクサ・

ブリス

ベイリー選手がベイリー・トゥ・ベリーで勝利、SD女子王座防衛!

シングルマッチ

〇 ロマン・
レインズ
スピアー

vs
× ドリュー・
マッキンタイア

WWE王座戦・スチールケージマッチ

〇[王者]
コフィ・
キングストン

vs
× ドルフ・
ジグラー

コフィ・キングストン選手が先にスチールケージから脱出して勝利、WWE王座防衛!

ユニバーサル王座戦

〇[王者]
セス・ロリンズ
ストンプ

vs
× バロン・
コービン

スペシャルゲストレフェリーは、先ほどセス・ロリンズ選手のガールフレンドのベッキー・リンチ選手にRAW女子王座戦で敗れたばかりのレイシー・エバンス選手。

セス・ロリンズ選手がアナウンステーブルにパワーボムを決めると、場外カウントが始まってもバロン・コービン選手は動けず。

するとレイシー・エバンス選手は場外リングアウトなしにルール変更!

今度はセス・ロリンズ選手がフロッグスプラッシュを決めると、レイシー・エバンス選手は肩の痛みでカウント2で止めてしまう。

さらにバロン・コービン選手がイスを手にすると、レイシー・エバンス選手はノーDQ戦(反則裁定無し)に変更!

それでもセス・ロリンズ選手はパイプ椅子の上にファルコンアローを決めるが、今度はレイシー・エバンス選手は一切カウントせず。

さらにレイシー・エバンス選手がビンタ、ローブローを決めると、ようやくベッキー・リンチ選手が救出に登場!

レイシー・エバンス選手を場外ベクスプロイダーで排除すると、正規のレフェリーが登場。

バロン・コービン選手のエンド・オブ・デイズを回避すると、セス・ロリンズ選手がストンプで勝利、ユニバーサル王座防衛!

最後は二人で仲良く退場して、ストンピンググラウンズ2019は終了!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA