アンダーソン&ギャローズ、WWE・RAWタッグ王座獲得おめでとう!

昨日2017年1月30日(現地時間29日)に行われたWWE ロイヤルランブル(Royal Rumble)2017で、元・新日本プロレスのカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズ組がRAW(ロウ)タッグチーム王座を初戴冠しました!

スポンサーリンク

「WWEには興味ありません」という人もいるかもしれませんが、長い間新日本プロレスで活躍したカール・アンダーソン選手がWWEで初タイトルを獲得したということでご紹介します!

RAWタッグ王座戦はキックオフ・ショー(事前番組)で行われたため、WWEネットワークに未加入の方も下の動画の1:09:30頃からフルで試合が見ることが出来ます。

フィニッシャーは現在も新日本プロレス時代と変わらずマジックキラー!

今はガン・スタンを使用していないのでマシンガンとは呼べませんが、スパイン・バスターや要所で見せる器用さは相変わらず素晴らしかったです!

ベルト以外は「Too Sweet」のポーズまで日本時代と一緒。

こういうのを見るとやっぱり嬉しいものですね!

スポンサーリンク

初戴冠おめでとうございます!!

BULLET CLUB時代の仲間であるバッドラック・ファレ選手も祝福。

次は元プリンス・デヴィットことフィン・ベイラー選手がRAW・SMACKDOWNでベルトを手にする番!

その前に中邑真輔選手が昇格するかもしれませんが、WWEもまだまだ楽しみな事が多い。

また会場であるアラモドームには、52,020人の観衆が集まったと発表されました。

イッテンヨンが26,192人なので、単純計算して約2倍。

レッスルマニアはもっと多くの観客が訪れるわけだから、それはもう信じられない雰囲気なんだと思います。

実数ではないとか色々言われるかもしれないが、それだけの人の前でパフォーマンスを披露する機会があるというのは、選手にとって物凄く大きなモチベーションになるはず。

内藤哲也選手も苦言を呈していましたが、現在の新日本プロレスは東京ドームを満員にはできていないですし。

いつか日本でもあんな眺めを実現させたいなと、昨日のPPV大会を見て強く思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA