コフィ・キングストンに試練、ビンス・マクマホンがガントレットマッチを決定!【WWE・スマックダウンライブ・2019.3.12・PART2】

WWE・SmackDown LIVE・2019年3月12日(日本時間3月13日)・PART2の試合結果、動画をご紹介!

3月5日・スマックダウンライブの試合結果はコチラ!

3月10日・ファストレーンの試合結果はコチラ!

3月12日・スマックダウンライブ・PART1の試合結果はコチラ!

ベッキー・リンチ / シャーロット・フレアー

ファストレーン2019でRAW女子王座挑戦権を獲得したベッキー・リンチ選手が登場。

ステージで松葉杖を投げ捨て、自分の足でリングイン。

そして私から奪って他の人に渡そうとしたもの全てを取り返すと宣言。

そこにシャーロット・フレアー選手が登場、レッスルマニアでロンダ・ラウジーとあなたをクイーンの前にひれ伏せさせると挑発。

ベッキー・リンチ選手はあんたは4年間も女子部門を引っ張ってきたけど関係ない。私のおかげで、私たちがレッスルマニアのメインイベントになるの。クイーンなんて必要ないし、必要なかった。必要なのはザ・マンだけと反論。

ミステリオ&Rトゥルース vs ジョー&アンドラーデ

〇 レイ・ミステリオ
ロールアップ

vs
× サモア・ジョー
Rトゥルースアンドラーデ

サモア・ジョー選手が裏投げを狙うと、レイ・ミステリオ選手が丸め込みで切り返して勝利!

オーエンズ&アリ vs ブライアン&ローワン

ケビン・
オーエンズ
 

vs

ダニエル・
ブライアン
× ムスタファ・
アリ
〇 ローワン
クロースラム

ローワン選手がクロースラムで勝利!

ビンス・マクマホン / コフィ・キングストン

続いてビンス・マクマホン会長が登場。

ファストレーン2019でコフィ・キングストン選手のWWE王座挑戦を取り消し、再び挑戦を認めたように見せかけて別の試合を組むという決定に対してコフィにチャンスは与えたが、彼は失敗したんだと説明。

そこにニューデイが登場、コフィは11年もここにいる、誰よりも(WWE王座挑戦に)相応しいと話すも、ビンス・マクマホン会長は認めず。

コフィ・キングストン選手はただタイトルマッチしたことがない人間にチャンスをくれと抗議しているのではない。チャンスを得るためには何が必要なのかと言っている。みんな俺のことを信じているんだと尋ねる。

するとランディ・オートン選手、サモア・ジョー選手、ザ・バー、ローワン選手がステージに現れ、ビンス・マクマホン会長が次週の放送でガントレットマッチで全員に勝てば、レッスルマニア35(4月7日)でWWE王座挑戦を認めると発表。

そしてニューデイと乱闘になると、ニューデイが3人で全員を蹴散らす

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA