関本大介「新日本、チャンスがあれば殴り込みたい」、BUSHI「全日本のジュニアのチャンピオン」、永田「三冠に興味」【新日本プロレス・2019.2.19】

2019年2月19日・ジャイアント馬場没20年追善興行〜王者の魂〜・両国国技館大会のバックステージコメントまとめ!

新日本プロレスの選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

BUSHI

BUSHI「今日、あのリングの中にいたな、一人。全日本プロレスのジュニアのチャンピオン。いつかまたやるだろうな、お前と。それを楽しみにしてるよ。エンセリオ!マ・ジ・で!

かつて全日本プロレスから新日本プロレスに移籍したBUSHI選手が、古巣・全日本プロレスで世界ジュニアヘビー級王者として活躍する岩本煌史選手を意識。

毒霧を食らった岩本煌史選手も借りも返さないととリベンジに前向きな姿勢。

将来の抗争への布石として心に留めておきたいと思います。

永田裕志

永田「今日はジャイアント馬場さんの没後20周年追善ということですけど、馬場さん亡き後、新日本プロレスと全日本プロレス、そしてプロレスリング・ノアの壁をぶち破ったのは僕と秋山準。これをジャイアント馬場さんはどう感じているのか?たまに思う時があります。どんな答えが返ってくるかは永遠にないでしょうけど、一つの歴史の壁をぶち破った者としては凄い興味があります。自分の最後の目標、IWGPというのがありますけど、ちょっとだけ三冠ヘビー級に興味を持った今日の大会でした。その気持ちを思いました。以上です(と言って、敬礼ポーズをして引き上げる)

昨年2018年に全日本プロレスでアジアタッグ王座を獲得した永田裕志選手が、再び全日本プロレス、特に三冠ヘビー級王座への興味を示しました。

今年に入ってからまだ3試合しか出場していない永田裕志選手にとって、全日本プロレス出身の同世代の選手たちとの対戦は大きな刺激になったようです。

また今年も永田裕志選手が全日本プロレスのリングに足を踏み入れるのか?

今回の団体の枠を越えた追善興行が、今後の新日本プロレスと全日本プロレスの関係に影響を与えるのか注目していきましょう。

棚橋弘至&関本大介

棚橋「宮原選手は本当に宝だなと思いました。人間が持っているハートの部分が本当に屈託がないというか本当に明るい光を放っているので、まるで昔の棚橋……いや僕を超える素材になるんじゃないかなと思います。あと初めて関本選手とやりまして、関係者、ファンの間では関本選手いいと伝え聞いていましたので、やってみてラリアット、逆水平……関本選手vs新日本の選手、関本vsエルガンとかね。ぜひまた関本選手とつながっていけたらと思います
─関本選手、棚橋選手が「対新日本ということでこれで終わりにしてほしくない」という言い方をされていたんですけど、個人として対新日本への思いはありますか?
関本「そうですね。やっぱり大日本プロレスを大きくしたいという気持ちはあるので、やっぱり新日本プロレス、チャンスがあれば殴り込みたいなと思います。大日本プロレスの代表として

初めて関本大介選手と肌を合わせた棚橋弘至選手がまた関本選手とつながっていけたらと今後も継続的な関係を築きたいとコメント。

また関本大介選手も新日本プロレス、チャンスがあれば殴り込みたいと新日本プロレス参戦を希望。

棚橋弘至選手が具体例として挙げたマイケル・エルガン選手は、偶然にも今年の初めに2019年に対戦したい相手として関本大介選手をリストアップ。

このように、もし関本大介選手が新日本プロレスに参戦すれば数多くの夢のカードが実現することになる。

関本大介選手が新日本プロレスに殴りこむチャンスが訪れるのを大いに期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA