新日本プロレス 2017.1.20 ファンタスティカマニア試合結果&感想 第5試合~メインイベント

前回に引き続き、新日本プロレス 2017.1.20 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2017 後楽園ホール大会 第5試合~メインイベントの試合結果、感想、動画をまとめました!

スポンサーリンク

第5試合

× ミスティコ ウルティモ・ゲレーロ
ボラドール・ジュニア vs ◯ エウフォリア
ソベラーナ
ジュース・ロビンソン オカダ・カズチカ

オカダ選手の闘龍門時代の血が騒ぐのがファンタスティカマニア。

本人も楽しんでるようなので何より。

この試合で印象的だったのはオカダ選手と向き合った時のジュース選手。

どちらも身長は191cm、上背、マスク、動き、リング上のどれをとっても絵になる二人。

新日本プロレスが生んだ外国人スター選手として、今後のジュース選手のさらなる飛躍に期待したくなりました!

スポンサーリンク

第6試合

× ティタン vs ◯ 高橋 ヒロム
TIME BOMB

ティタン選手に怪我のアクシデントが起きたようで、会場のテンションが一旦下がってしまった。

そんな難しい雰囲気の中で最後まで闘い抜いた二人は素晴らしかったと思います。

ただイッテンヨンでも見られたが、大きな見せ場で決めきれないシーンが目立つのも事実。

いくら応援していても、ヒロムじゃなくて相手が悪い!と簡単に片付けてしまいたくはない。

2月のIWGPジュニアヘビー級王座初防衛戦では、チャンピオンとしてカマイタチ時代を超える試合に期待しています!

メインイベント CMLL世界ライト級選手権試合

◯ ドラゴン・リー
変形バックドロップ・ホールド
(王座防衛)
vs × バルバロ・カベルナリオ

物凄くハードな試合!

メキシコでは定番の3本勝負ではなく1本勝負だったことで、より一発一発の技に力が込められていたようでした。

20分近いシングルマッチの直後にも関わらずヒロム選手を返り討ちにし、2009年のミスティコ選手以来のメキシコ人IWGPジュニアヘビー級王者誕生に向けて一歩前進。

もし王者になれば今後も新日本プロレスに継続参戦していくことになると思うので、その際はもっと色んな相手との試合が見たい。

タイトルマッチに敗れたとしても、ソベラーノ・ジュニア選手同様、是非ベスト・オブ・スーパー・ジュニアにエントリーしてもらいたいと思います!

名残惜しいですがファンタスティカマニアも残り2大会、楽しい時間はあっという間。

明日、日付変わって今日のメインイベントはマキシモ・セクシー選手。

楽しくて、かわいくて、激しいルチャ・リブレが楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)