タイタス・オニールのタイタス・ワールドスライドの真相【WWE・2018年12月】

WWEが爆笑してしまう大失敗・ボッチクラブ( WWE’s most hilarious bloopers and blunders: Botch Club )を公開!

元バレットクラブ( BULLET CLUB )のルーク・ギャローズ選手とカール・アンダーソン選手によるボッチクラブ( Botch Club )をご紹介。

二人が過去のWWEの爆笑映像を見ながらコメント。

そのなかで今年2018年のグレイテストロイヤルランブル(4月27日)で起きた大失敗、タイタス・オニール選手によるタイタス・ワールドスライドの真相が明らかになりました!

実は入場直前のバックステージで、プロデューサーからタイタス、出来るだけ速く(リングに)向かってくれと指示を受ける映像が残されていました。

そしてタイタス・オニール選手が急いでリングに向かった結果、リング下にヘッドスライディングするタイタス・ワールドスライドが誕生!

これにはゴリラポジションにいたプロデューサーやスーパースターたちも笑いを堪えられず、試合中に何度もリプレイが流されました。

まさにWWEの歴史に残るグレイテスト(最も偉大)な入場でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA