デイビーボーイ・スミス・ジュニア「ダイナマイトキッドの魂」、KUSHIDA「俺が足引っ張っちゃった」試合後のチャッキーTの行方【新日本プロレス・2018.12.6】

新日本プロレス・2018年12月6日・ワールドタッグリーグ2018・山形ビッグウイング大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.12.6・ワールドタッグリーグ2018・十五日目【第2試合まで無料】

スポンサーリンク

デイビーボーイ・スミス・ジュニア

スミス「今日、K.E.Sにはさらなるパワーが加わった。ダイナマイト・キッドの魂が舞い降りてきてたんだ。動きも何もかも、彼に捧げる試合だった。公式戦はあと1試合。混戦を抜け出すのは俺たち。これは『WORLD TAG LEAGUE』ではない。“KILLER TAG LEAGUE”だ。俺たちK.E.Sの支配下にあるんだ

12月5日に亡くなったダイナマイト・キッド(トーマス・ビリントン)さんは、デイビーボーイ・スミス・ジュニア選手の父であるデイビーボーイ・スミスさんの従兄弟。

ワールドタッグリーグ2018優勝決定戦が開催される9日・岩手大会では、ダイナマイト・キッドさん追悼の10カウントゴングセレモニーが行われる予定。

デイビーボーイ・スミス・ジュニア選手が、ダイナマイト・キッドさんに優勝トロフィーを捧げられるか注目!

ベストフレンズ

バレッタ「アイツのことがわからなくなった。もうチャッキーをコントロールできない。タンガ・ロアをあそこまでぶちのめして、手を血で染めてしまった。ちょっと恐ろしいな。仕返ししてくるのは間違いない。どこまでも追いかけてくるだろう。俺たちの優勝の芽は100%なくなった。それもあいつの度重なる暴走があったからだ。話さないと……
チャッキーはバックステージでも邪道を追い掛け回して消えていった

試合終盤、チャッキーT選手は竹刀攻撃で介入してきた邪道選手を追いかけてバックステージに戻ってしまいました。

リングにひとり残されたバレッタ選手が丸め込みで勝利を掴んだものの、もうチャッキーをコントロールできないと本音を漏らしました。

ワールドタッグリーグ2018は残り2大会、チャッキーT選手の暴走の目的が明らかになるのを期待!

KUSHIDA

KUSHIDA「強烈だわ…。あぁ~、石森太二のブラディークロス、強烈だってことがわかったのがひとつと、もうひとつは、今日は俺が足引っ張っちゃったってこと。みんなに申し訳ないことした

IWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDA選手は、次期挑戦者・石森太二選手に今シリーズ2度目となるピンフォール負けを喫してしまいました。

関連:2019.1.4・レッスルキングダム13の対戦カードが一部決定!【新日本プロレス・2019年1月】
関連:新日本プロレス・試合結果・2018.11.29・ワールドタッグリーグ2018・十日目【第2試合まで無料】

棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手の初タッグ、そして本隊とCHAOSの共闘というドリームチームですが、これでまさかの6連敗…

本日7日・秋田大会こそ連敗ストップなるか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA