棚橋弘至「手も足も出ねぇよ…」、タイチからの条件、石井「これがプロレスだ」、内藤「今までで一番テンション高い」【新日本プロレス・2018.4.24】

新日本プロレス・2018年4月24日・ロードトゥレスリングどんたく2018・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.4.24・ロードトゥレスリングどんたく2018・後楽園【第2試合まで無料】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

タイチ

タイチ「まだやんのか?ついに手がなくなって破れかぶれだな、おい。1回も俺らに勝てねえじゃねえかよ。1回でも俺らにワン・ツー・スリーやったか?どうするお前ら?このまま俺らに1回も勝てないままか?1年、いや2年、いや3年、海外。それぐらいてめえら条件飲め。じゃねえと、俺らおもしろくなくてやってらんねえや。つまんねえんだよ、てめえらとやんのは。3年、海外でやってくるか?そうだな、3人でピンクのタイツでも履いてやり直せ

今シリーズは連日のように鈴木軍に手玉に取られ、なかなか結果が残せないロッポンギ3Kに対して、タイチ選手がとある条件を提示。

ロッポンギ3Kとの対戦はおもしろくなくてやってらんねえので、このまま鈴木軍に勝てないなら再び海外遠征に行けとコメント。

一方のロッポンギ3Kは正々堂々と3カウントで勝ってみせる、そして必ず、3Kで3カウント取ってやると、必ず借りを返すと宣言。

鈴木軍との抗争に終止符を打ち、来月から開幕するベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25に向けて弾みをつけてもらいたい。

石井智宏

石井「若造、若造。痛えだろ?苦しいだろ?悔しいだろ?これがプロレスだ。プロレス人生、ほとんどがこれとの闘いだ。これにどう向き合うか?これにどう打ち克つか?それが全てだ。あいつとの試合、俺の負けは絶対ない。間違いなくない。ただ、重要なのはそこじゃねえんだよ。重要なのはこのシングル、会社のプッシュで組まれたカードか?それともあいつ自身が自分の手で掴み取ったのか?そこだよ。それからもっと重要なこと。それは毎試合、こういう気持ちで挑めるか。毎試合、なんらかの爪痕、インパクトを残せるか。そして、俺以外の人間ともこういう試合ができるかだ。レスラーはいろいろいるから。常に自分のスタイルを貫いて突き進むこと。それが一番重要だよ。まあ、あいつがどうなろうが俺には関係ない話だけどな

ヘナーレ選手との真っ向勝負を制した石井智宏選手が、バックステージで自身のプロレス観を大いに語りました。

普段は言葉の少ない石井智宏選手がこれほどに語るのは、それだけヘナーレ選手を評価しているからだろう。

また、敗れたものの素晴らしい試合を見せたヘナーレ選手はいつか必ず、オマエを倒す!もちろん『G1 CLIMAX』にも出たいと、新たな目標を掲げました。

この試合をキッカケにオーバーできるか、今後のヘナーレ選手から目が離せない。

内藤哲也

内藤「前も言いましたが、インターコンチネンタル王座は必要のないタイトルだと、オレはいまだに思ってますよ。じゃあなぜ今回、鈴木……あぁ、失礼しました、王様が持つインターコンチネンタル王座に挑戦するのか。まぁ発表されてしまったから、っていうのもあるかもしれないけど、リング上で言った通り、宝物を失ってしまった王様、そして鈴木軍が、一体どうなるのか、オレも興味津々ですよ。今までインターコンチネンタル王座戦、何回もやってますけどね、今までで一番テンション高いですね。なんせ、王様が、裸の王様になってしまうわけだからね。そして!もしかしたら、鈴木軍で何か動きがあるかもしれないよ。だって、王様の部下であるザック・セイバーJrに、オレ、『NEW JAPAN CUP』1回戦、完封負けしたわけだからね。そのオレに、王様が負けたとなったら、これは一大事だよ。鈴木軍、何か起こってしまうんじゃないの!?それが見たいね!そのためにも、インターコンチネンタル王座、アナタが言う宝物を、熊本で奪ってあげますよ。まぁ、鈴木軍のその後、(※目を開くポーズで)楽しみにチェックしてるよ。アディオス!

これまでは鈴木みのる選手が興味を示したから乗ってやったという態度を崩さなかった内藤哲也選手でしたが、ボスがタイトルを失った時に鈴木軍がどうなるか興味津々で、過去のインターコンチネンタル王座戦のなかで今までで一番テンション高いとコメント。

ニュージャパンカップ2018とインターコンチネンタル王座戦の試合結果により、現在の序列が『ザック > 内藤 > 鈴木』となった時に鈴木軍、何か起こってしまう光景を見たいうのが、内藤哲也選手がインターコンチネンタル王座に挑戦する理由。

それだけで鈴木軍が揺らぐとは思えないが、仮に内藤哲也選手タイトルを奪った時は、ザック・セイバーJr選手をはじめ鈴木軍メンバーに不穏な動きがあるのか、注目する必要があるかもしれませんね。

棚橋弘至

棚橋「(※若手に肩を借り、インタビュースペースを通過しながら)手も足も出ねぇよ……

2夜連続でオカダ・カズチカ選手のパイルドライバーの餌食となってしまった棚橋弘至選手が手も足も出ねぇよ…と弱気なコメント。

2012年と現在では完全に立場が逆転しているが、当時と違う点もある。

当時のオカダ・カズチカ選手は、前哨戦で当時のチャンピオンの棚橋弘至選手から直接ピンフォールを奪うなど、挑戦者に勢いがあった。

しかし現在、勢いという面では圧倒的にオカダ・カズチカ選手が上回ってしまっている。

凱旋帰国直後だった当時のオカダ・カズチカ選手と現在の棚橋弘至選手を同じように語ることは出来ないが、挑戦者がこのままではタイトルマッチに期待感を抱けない。

残り6大会の前哨戦を通して、何とか棚橋弘至選手がタイトルマッチまでに盛り返してもらいたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA