フリップ・ゴードンの空中戦とマスコット時代&WWE行きについて【新日本プロレス・2018年2月】

新日本プロレス&ROH合同興行・HONOR RISING:JAPAN 2018に出場するフリップ・ゴードン選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

本日2月23日・後楽園ホール大会、ROHで新世代のハイフライヤーとして注目されているフリップ・ゴードン選手が日本初お披露目!

このフリップ・ゴードン選手の華麗な空中戦は、学生時代に経験した器械体操が大きな影響を与えている。

ゴードンは、カート・アングルやチャーリー・ハース、シェルトン・ベンジャミンのプロレス転向の成功を見て、アマチュアレスラーになった。ノースアイダホ大学に通いながら、ゴードンは将来のレスリングキャリアで空中技のレパートリーを増やすのを助けることとなる器械体操を選んだ。
チアリーダーだった当時のガールフレンドが、ゴードンに空中での身体の使い方を教えた。器械体操の他にも、ゴードンは学校のマスコット「セシル・ザ・カーディナル」としても活躍した。こうした活動はお互いと無関係にも思えるが、ゴードンはそれぞれで学んだことを活かして攻撃のレパートリーとして作り出すことが出来た。それが彼を、現在の業界の中で最も注目されるハイフライヤーのひとりにした。
(レスリングのために)人生の早くから準備したのは、それがすべてだったと思う。器械体操、ダンス、アマチュアレスリングが、自分に多くの規律やフットワークを教えれくれた。軍役も、自分を精神的に準備万端にしてくれた。」(引用:ESPN

フリップ・ゴードン選手がノースアイダホ大学のマスコット「Cecil the Cardinal」のマスコットとして活躍していた当時の映像がコチラ!

着ぐるみを着た状態でもこれだけ動けるのは流石としか言いようがない。

ウィル・オスプレイ選手もパルクール経験者であるように、一流のハイフライヤーは自分の身体をどう動かすかがしっかりと身に付いているものなんですね。

またインタビューの最後で、WWE行きについて俺は自分自身でビッグネームになる必要がある。WWEに行くには2つの方法がある、AJスタイルズのように(いきなりトップとして)か、一番下からだ。俺は一番下には行きたくないし、WWEに行くのを急いではいない。これからも学び続けていきたいし、今やっていることが気に入っているんだと明かしている。

未来がどうなるかは分かりませんが、まずは今夜、フリップ・ゴードン選手の後楽園ホールデビュー戦を大いに満喫しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA