クリス・ジェリコ「内藤、俺のことより自分の心配をしろ」【新日本プロレス・2017年12月】

新日本プロレス・2018年1月4日・レッスルキングダム12・東京ドーム大会に参戦するクリス・ジェリコ選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

先日、レッスルキングダム12・東京ドーム大会の全対戦カードが発表され、USヘビー級王座戦(ケニー・オメガ選手vsクリス・ジェリコ選手)IWGPヘビー級王座戦(オカダ・カズチカ選手vs内藤哲也選手)が、正式にダブルメインイベントに決定。

関連:レッスルキングダム12・東京ドーム大会の全対戦カード決定!【新日本プロレス・2018.1.4】

この決定について、IWGPヘビー級王座に挑戦する内藤哲也選手はいつまで海外の某団体(WWE)のご機嫌をうかがっていれば気が済むんだと、WWEスーパースターのクリス・ジェリコ選手への会社からの待遇に不満を漏らした。

この発言はクリス・ジェリコ選手の耳にも届いており、自身のメインイベントに関する苦い思い出も交えながら、内藤哲也選手にメッセージを送った。

―ダブルメインイベントについて
ブロック・レスナーやザ・ロックがレッスルマニアで試合をする時に文句を言うようなものさ、『パートタイマーたちがスポットライトを盗みに来た』ってね。パートタイマーでも、フルタイマーでも、シングルタイマーでも好きなように呼べばいい。ただ彼らはマネーメーカーなんだ。
俺がダブルメインイベントと呼んでいるんじゃない、新日本プロレスがそう呼んでいて、3週間前にもかかわらず、今年はすでに去年より多くのチケットを売っている。クリス・ジェリコ参戦も、アルファ対オメガをダブルメインイベントにしたのも、賢いやり方だよ。もし内藤が気に入らないなら、それは不運だったな。それがプロレスというものだ。
―内藤にアドバイス
内藤、俺のやることなんて気にしないで、自分のやることを心配しろよ。お前が(ダブルメインイベントの)最後でも、『最後だから』という理由でお前がメインイベントになるわけじゃない。もっと知りたいならレッスルマニア18を見るんだな。
俺は誰が最後かなんてどうでもいいんだ。もし内藤が怒っているなら、証明してみろ。そうすれば俺もよりハードワークするだろう。だが世界的にはアルファ対オメガがメインイベントだ、俺は事実を言っているまでだ。
―ケニー・オメガについて
この世にはクリス・ジェリコのような人間はいないが、同じくケニー・オメガのような人間もいない。だからこの試合に本当に興味があったんだ。ケニーは新日本のトップ選手であり、ベスバウトマシーンだが、俺の方が優れていると思っている。もう二度と見れない、一生に一度の試合、それが東京で実現するんだ。
俺の目標は主役の座を奪うことだ。
Sports Illustratedより)

2002年3月17日に開催されたレッスルマニア18、クリス・ジェリコ選手はメインイベントで統一王座戦に出場。

しかし、レッスルマニア18の出来事として後世に語り継がれているのはアイコンvsアイコン(象徴vs象徴)として注目を集めたハルク・ホーガン選手とザ・ロック選手の一騎打ち。

クリス・ジェリコ選手はレッスルマニアのメインイベントという大舞台に立ったにもかかわらず、主役の座を奪われてしまった苦い過去がある。

かつてのクリス・ジェリコ選手のように、内藤哲也選手がメインイベントの最後の試合に出場しても、人々の記憶に残るメインイベントはクリス・ジェリコ選手かもしれない。

もちろん内藤哲也選手の東京ドーム大会のメインイベントに対するこだわりを知る人は、そうなるとは思いませんけどね。

関連:内藤哲也の目標の場所【新日本プロレス・2017年12月】

歴史は再び繰り返すのか、レッスルキングダム12まで残り14日!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA