棚橋弘至と鍬原拓也、EVIL・SANADA組が初勝利、永田裕志が鈴木みのるのファイトスタイルに不満【新日本プロレス 2017.11.25 バックステージコメント】

新日本プロレス・2017年11月25日・WORLD TAG LEAGUE 2017・滋賀県立体育館大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

棚橋弘至

棚橋「今、目の前にある闘いに集中する。日本全国を回る。そして、棚橋のプロレスを見せる。その積み重ねで、いま、俺がいるわけだから。ジェイ・ホワイト、アイツがやらなかったことを、俺はやってきてるから。そしたら、そのやってきたことに、巨人ドラフト1位指名の鍬原(拓也)投手に響いてた。俺は、自分の信じる道を通って、東京ドームにたどり着きます

2017ドラフトで読売ジャイアンツから1位指名を受けた鍬原拓也選手は、尊敬する人に棚橋弘至選手の名前を挙げ、その理由についてこう語っている。

ファイトスタイルも好きですし、試合が終わった後のインタビューがめっちゃ好きなんです。プロレスラーはオカダ(カズチカ)選手のように“オラオラ感”があったり上から目線でものを言う選手が多いですけど、棚橋さんはそういうことがない。優しさが伝わってきますし、お客さんに感謝の言葉を言える。そういう人間性に憧れますし、本当に尊敬しています」(引用:東スポweb

この言葉が響いたのだろうか、コメントにらしさが戻ってきましたね。

ジェイ・ホワイト選手との前哨戦が組まれていない状況はもどかしいですが、東京ドーム大会までの1試合1試合を棚橋弘至選手らしく丁寧に、分かりやすく会場を盛り上げていってもらいたい。

EVIL

EVIL「言っただろ、今回の『WORLD TAG LEAGUE』は、俺とSANADAがダークネスに染め上げてやると。史上最高のフィナーレを、お前らに見せてやる。なんの問題もない。ノープロブレム、ノーサプライズだ。よく覚えとけ。This is EVIL。E~verything is EVIL。すべては………………EVILだ

昨日25日の公式戦でようやく初勝利を上げたEVIL選手が、史上最高のフィナーレを、お前らに見せてやると優勝宣言。

現在Aブロックは3試合を消化、全勝のチームがいない混戦状態。

まだまだEVIL選手とSANADA選手にも優勝の可能性は大いに残されている。

今後の巻き返しに期待!

永田裕志

永田「ま、反則とか、レフェリーのブラインドを突くとか、そういうことはさすがだな。ずるいこと、悪いこと……ただ、もっと体力的なものとか技とか、いまいち響かなかったのは残念だなと。鈴木みのる、いつ当たっても……鈴木みのる、かつての強さを知ってるだけにね、ずいぶん、スタイルをチェンジしちゃったのが、ちょっと不思議かなと。もしかして、老いたか?老いを隠すためのシフトチェンジ、モデルチェンジしたのか?そうは思いたくないけど。

高校時代からお互いを知るからこそ、永田裕志選手は現在の鈴木みのる選手のファイトスタイルに不満な様子。

これがNEVER戦線に繋がるかはともかく、4年以上シングルマッチで対戦していないのも事実。

二人が全力でぶつかり合うタイトルマッチを是非とも見たい!

しかし永田裕志選手が目指しているのはIWGPヘビー級王座の最年長戴冠記録更新であり、現在の鈴木みのる選手はNEVER無差別級王者という立場。

来年の2018年4月24日で50歳を迎える永田裕志選手にとって、最年長戴冠記録更新のためにはNEVER無差別級王座戦線に留まっている余裕はない。

現在の二人が交わる可能性は低いかもしれませんね…

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA