新日本プロレス バックステージコメント 2017.10.18【川人、田口隆祐、フィンレー、高橋ヒロム、ロッポンギ3K】

新日本プロレス・2017年10月18日・Road to POWER STRUGGLE・山形ビッグウイング大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

オープニングVTR

川人拓来

川人「俺はこのシリーズ、命を懸けて、俺のすべてを懸けて闘うんだ。こんなビッグチャンスもらってんだ。そのチャンスを逃すわけにはいかねえ。このチャンスをすべてものにして、そして俺は、未来を開拓する。そしてジュニア(ヘビー級)を盛り上げていく。そして俺はもう、新しい未来へ羽ばたいていくんだ。この俺を見とけ。見逃すな

スーパージュニアタッグトーナメント初出場となる川人拓来選手。

関連:スーパージュニアタッグトーナメント出場チーム決定!【新日本プロレス・2017年10月】

この大会がを開するキッカケとなるか。

スーパージュニアタッグトーナメント、そしてヤングライオン杯でインパクトを残して、来年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25出場に繋げてもらいたいと思います。

トーナメント1回戦は10月23日・後楽園ホール大会で行われます!

田口隆祐

ACH「まだ終わってないぞ。コーラクエンホール、俺たち“スーパー・シックスティナイン(69)”でいいかな? それとも“スーパーファンキー”の方がいいかな?
田口「“スーパー69”だね

スーパージュニアタッグトーナメントにエントリーされた田口隆祐選手とACH選手のタッグチーム名がスーパー69(シックスティナイン)に決定!

スポンサーリンク

フィンレー

フィンレー「(※ジュースに対して)オイ、俺の胸にチョップするなよ。キタムラはなかなか強い相手だ。去年の夏に顔を合わせた時とは大違いだぜ。あの頃に比べると、ずいぶん大きくなったし、強くなった。だけど勝ったのは俺だ。それがどういうことかわかるかな? 俺もさらに成長してるってことだ。なかなかチャンスはもらえてないけど、まだまだこんなもんじゃ物足りないぜ。どこへ行っても、さらにハードな試合をこなしていってやる。俺もこのニュージャパン・プロレスリング育ったレスラーなんだからな

成長著しい北村克哉選手からプリマノクタで勝利したデビッド・フィンレー選手。

後輩には勝利したものの、なかなか大きな実績を残せない日々が続いている。

昨年の10月頃はちょうどマット・サイダル選手の代打としてNEVER6人タッグ王座戦線に絡んでいたと思うと、現在の状況は少し寂しいのも事実。

やっぱりデビッド・フィンレー選手にも今以上に輝いてもらいたいという気持ちが強い。

2017年はこれといった実績を残せていないだけに、残り2カ月、WORLD TAG LEAGUE 2017に向けて、まずはパートナーを見つけてもらいたいところ。

時が経てば分かるよ いつかねという言葉を信じて待っています。

高橋ヒロム、ROPPNGI 3K

ヒロム「おかえりなさい、3K。(※指を3本立てたサインをいろいろと作りながら)こうだったけ?こうだったっけ?どうだったっけ?わかんないけど、帰ってきたんだね。楽しみ待ってたよ、この時を。SHO&YOH、いや、3K……
(中略)
ロメロ「お前らはジュニアタッグのチャンピオンなんだ。お前らはトーナメントに出ている中でナンバーワン・タッグチームだ。誰もお前らを倒すことはできない。お前らにはこの先、とても素晴らしい計画があるんだし、素晴らしい戦力を有してる。このままの調子をキープしておけ。作戦は今のところは秘密にしておく。それは俺のポケットに中にしまい込んでおく。あとで教えてやるから。

後輩二人が凱旋帰国を果たし、さらにジュニアヘビー級の選手層が厚くなったことを喜んでいるように思えるコメントの高橋ヒロム選手。

YOH選手とはプロレスリング・ワールドカップ’17・日本予選以来の対戦ですね。

関連:プロレスリング・ワールドカップ’17日本予選・試合結果&本選出場者決定!

3カ月前と比較して、高橋ヒロム選手の目にどう映ったのかだろうか。

来年のIWGPジュニアヘビー級王座戦線に今から期待せずにはいられない。

最後にロッポンギ3Kのロッキー・ロメロ監督にはとても素晴らしい計画があるとのこと。

NEVER無差別級6人タッグ王座挑戦か、それともジュニアタッグ王者としてWORLD TAG LEAGUE 2017に出場、優勝してIWGPタッグ王座挑戦か。

今後のロッキー監督の采配にも注目!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA